ID非公開

2021/4/18 14:11

66回答

学校でいじめにより生徒の自殺事件がたびたびおこりますが学校の体制がいじめを作る原因になってませんか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

学校で起こってるのだから校長の責任。 担任一人で手に負えないなら校長が先頭に立ち生徒を守るべき。 そんなことしない校長なんて必要ない。

0

必要ではありません。 必要なのは"イジメの発生すら問題だ"とする国民の意識です。 イジメっていうのは本来"起こって当然"なんです。生物の本能的なものですからね。 それを"イジメが起こるのは誰かの所為"だと喚きたてる国民たちが、問題の解決を阻害し続けているんです。 イジメ問題を解決するにはまず正しい認識を国民が持つことから始めなければなりません。 イジメは起こって当然です。その上でどのように対処するべきなのかという問題を論じなければなりません。 また、学校は"集団生活"を学ぶ場です。 イジメの回避を理由にそれを止めたところで問題の先送りにしかなりません。結局は社会に出てから社会になじめなくなるだけです。

0

学校というのは行っても行かなくても良いところです。学校へ行く行かないに関わらず勉強しなければなりませんし、また、義務教育の機会は学校へ行く行かないに関わらず提供されるはずのことです。日本国憲法の定めに従い児童生徒は義務教育を受ける権利者です。 https://www.shure.or.jp/shure/activity_archive/kenri/ 日本の教育制度の「不備」は義務教育の提供を学校教育法で「学校」に限定していることです。児童生徒は登校することを強要され、児童生徒を養育する保護者は義務教育の機会提供を登校させる以外に(制度上)選択肢を与えられていません。先進国では異例です。さらに、児童生徒に対して、緊張を強いる高圧的な教育を行っている。国連から改善するように、勧告されているのに、児童生徒の学習する権利が侵害されたままです。 児童生徒は学校へ行くことを拒否しても良いのです。 令和の時代となり、学校教育法改正に関する「不都合なこと」が解消しました。法改正が進み、日本人の考え方、受け止め方も変わると期待します。

1

>同じ教室で同じ年頃の生徒を集めてそこから抜け出せない。不登校になると人生脱落者みたいな感じを与えてるので休む事もできないよう これがまずいと思います。 なので、学校以外の道も色々用意されるべきだと思います。 フリースクールがもっと設置されるようになるといいですよね。お金がないので作れないのですから、お金を工面して欲しいなと思います。 >不登校になると人生脱落者みたいな感じ これはだんだん薄れてきているなと感じます。 ネットで勉強したら良いじゃないかという人も出てきていますが、その通りだと思います。 N中等部という手段もあります。

1人がナイス!しています

1

どう体制を変えようがいじめや不登校はなくならないと思います。

1人がナイス!しています