高校の物理の質問です。エネルギーの向きについてそんなものはあるのかという質問です。

補足

みなさま回答ありがとうございます。 エネルギーはスカラー量なのですね。運動方程式の章ではこの向きに力が働いてー、とかやっていたので混同してしまったのだとおもいます。また正負の違いを向きと勘違いしていました。量がどういうあたいをとっているかの数値の大きさなのですね。設定のような運動はするがエネルギーの変化、つまり仕事をする能力の増減に運動の形態は関係なくばねの伸び(位置)、高さ、速度がエネルギーの変化相応になりましたという理解でよいのかと思います。力の向きがこっちだで、運動はこっちだから負とかではないのですね。理解がおかしかったらまたご教授下さい。

物理学28閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

自然長から 手を離すと 重力は位置エネルギーという貯金を使って物体にエネルギーを渡す。 物体はエネルギーを受け取って、一部を運動エネルギーとして溜め込む。一部のエネルギーはばねに渡す。 ばねは受け取ったエネルギーを弾性エネルギーとして貯金していく。 重力と物体とばねのエネルギーの貯金合計は変化しない。

その他の回答(2件)

1

エネルギーはベクトルではないので勿論向きはありません。 ただし仕事には負の仕事があります。 また重力による位置エネルギーは常に負の値となります。

1人がナイス!しています

1

エネルギーはベクトルではありませんから、向きはありません。 ただし、位置エネルギーには基準によって負号がつく場合があります。 エネルギー=仕事をする能力をできる仕事量で表したもの ですから、 位置エネルギー=着目位置から基準点まで移動するときに保存力がする仕事 または、 位置エネルギー=基準点から着目位置まで移動するときに保存力に逆らって外力がする仕事 と定義することができます。 したがって、エネルギーの正負は単に仕事の正負で決まります。 ばねは、伸びていても縮んでいても位置エネルギーは 1/2 kx^2 です。基準の位置=自然長までもどるときに弾性力がする仕事はつねに正だからです。 初めの力学的エネルギー 運動エネルギー0 重力による位置エネルギー0 弾性力による位置エネルギー0 終わりの力学的エネルギー 運動エネルギー 1/2 mv^2 重力による位置エネルギー -mgx 弾性力による位置エネルギー 1/2 kx^2 です。 0 = 1/2 mv^2 - mgx + 1/2 kx^2 ↓mg=kx 0 = 1/2 mv^2 - kx^2 + 1/2 kx^2 ↓ 0 = 1/2 mv^2 - 1/2 kx^2 ↓ 1/2 mv^2 = 1/2 kx^2 となります。

1人がナイス!しています