歌声が地声っぽいのが悩みです。

ベストアンサー

0

うーん、たぶんそうなのかもしれないです。 普段の話してるときの声も子供っぽいらしいです。 なおしかたがわかりません^^; 数年前にボイトレに行ったら、「普段人と話してる?」と言われました笑笑 今は引きこもりでさらに声を出さなくなったので、声を出す練習として一人カラオケに行ったら、普通に歌ってるつもりでも子供っぽい声でした^^;

その他の回答(1件)

0

喉の空間が狭くなっているのだと考えられます。 喉の空間が狭くなると、 音声学的にはフォルマントと呼ぶ要素が高く なってしまうのです。 質問者様のような、 大人の女性でも子供のような印象の声が出ます。 なぜ、それが言えるかと言えば、 私は声優的な仕事もしており、 そのような声を敢えて使うことがあるからです。 喉の空間が狭くなり、 フォルマントが極端に上がると、 キンキンとしたようなジリジリとしたような 高音の成分が強く発生し、 地声感がとても強く、響きが不足した声になってしまいます。 では、 声に良い響きを作るにはどうすれば良いのか? 発声おける良い響きとはフォルマントを下げることです。 これは、喉の空間を広くすることを意味します。 良い響きを持った声で歌うためには、 ほとんどのケースで喉を広く開く必要があります。 例えば、アクビをしている時を想像して見てください。 少し喉の空間が広くなると思われます。 比較的、 喉の下の方がアクビと同じような状態のまま、 舌で少し調整すれば響きが良い声が出せるのです。 ただし、筋肉が固まっていると、 可動域が小さくて声を操作しにくくなります。 ここでストレッチをしてください。 ボイストレーニングでも導入されています。 (私は小さい会社ですが声優の仕事をしています) では、 首の後ろを指で押さえてゆっくりと顔を下に向けて下さい。 その時、 首の後ろが引き伸ばされる感覚があればOKです。 次に、 両耳の上を指で押さえて引き上げて下さい。 その時、下顎を少しだけ左右に動かして下さい。 続いて、 耳の下のくぼみを指で押えて、 そのまま指をゆっくりと喉仏のところに、 滑らせます。 これは毎日、継続してください。 ボイトレとしての練習をしても効果が無いと言う 方が良くいるのですが、 こう言う時最も問題となるのは筋肉の硬化です。 ストレッチで筋肉を解さなければ、 喉は、とても開きにくく自由な声の操作が出来ません。 その他、質問などあれば御返信にて承ります。 ─────────────── ニジノソト

この返信は削除されました