回答受付が終了しました

青天を衝け 和宮降嫁の行列に向けて 栄一ら百姓が、茶碗や 布団のようなものを準備していましたが 何をする為ですか?

日本史 | ドラマ137閲覧

1人が共感しています

回答(4件)

0

和宮の花嫁行列は3万人50kmというとんでもない人数だったので宿場の宿泊施設だけでは間に合わなかったのでしょう。

1

行列が宿場に泊まるから、その手伝いだよ。 宿場の本陣だけでまかなうのは負担が大きいから、周辺の村々も手伝うのさ。

1人がナイス!しています

2

私も同じ質問を思いました。 準備だけの描写で終わってしまいましたからね。 3千人?の行列だとかって言ってましたから、 そうゆう付き添いの人たちをもてなすためでしょうかね。 3千人が寝泊まりするとなれば、 茶碗も布団もたくさんいるんでしょうから。 最後の紀行で草津の宿場町でどうこうってやってました。 同じようなことを栄一の村の近くの宿場町でやったんでは。

2人がナイス!しています

2

宿場で泊まるのに人数が多すぎて旅籠の寝具や食器では足りないので貸し出しているのでしょう。 食材の野菜も供出していたようですが。

2人がナイス!しています