車のコーティングとして、KF96というシリコーン溶剤がありますが、使っている方はいますか?

車検、メンテナンス | 自動車25閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

油塗ってるだけなんで、KF96自体としても用途外だし、何でオススメされているのかよくわかんないんですよね、製造業側の見解として。 ただの錆止め潤滑油ですからね。 極論としてノータッチとかのタイヤワックス塗ってるのと大きな差は無いように思います。 数あるコーティングも殆どが「貼り付けている」ものですし、頻繁にメンテナンスしていかなければ効果が薄れ、それ自体は目に見えるものでも無いから撥水の状態とかで判断するしか無いです。 だから一番良いって所の考え方も人によるし財布による。 塗装自体がそもそも保護膜なのだから、基本洗車と簡単な傷取りワックス程度で10年程度気にならないし、飛び石などでどんどん荒れて行く、表面だけの同色オールペンに十数万かけるんでも、コーティングこまめにせっせとやるより安い可能性もある。 先にその車を降りるかもしれない。 そこ、どうお考えでしょうか、と言ったところ。

0

溶剤ではないです。シリコーンオイル KF96ではないですがシリコーンオイルフィニッシュは 一時期やったことがあります。 シリコーンコーティングというのが通称になっていますが 要は液体ワックスの類だと思って下さい。 ガラスコーティングは塗膜の表面保護のため シリコーンオイルフィニッシュは完全に美観のため 目的が違います。 副次的に色々な特徴が出たりはしますが ガラスコーティングはトラブル起こすと面倒 液体ワックスは被膜ごと洗い流せるのでトラブルは起きにくい 反面手数が必要です。 シリコーンオイルはテカリだけならショーワックスに負けないほど テカリます。 そのかわり持ちは液体ワックス商品以下です。