回答(1件)

0

「距離でポイントが貯まる」と言う斬新さと移動だけでポイントを稼げるならと100万ダウンロード突破らしいですね。 私も入れましたが、かなーり問題が目に付きました。移動だけでマイルが貯まるとの事ですが結構巧妙なのですよ。 以下はガチャ当たりなどの不確定要素は抜きに論じます。 基本的に3万マイルの交換レートがアマギフなりで300円換算です。 初期3つのタンクが移動距離によって貯まっていきます。タンクが1本貯まると、満タンのタンクをマイルに交換する為に25マイルに交換するか又は広告を見て100マイルに交換するか選択する仕組みです。 25マイルを選択した場合、300円を得る為に基本的には1200本のタンクを貯めなければなりません。300円の為に1200本のタンクを貯め続けるのは非現実的過ぎて必然的に広告動画を観て100マイルを貯める事になります。 但し、3万マイル(300円)まで貯めるのに100マイル+広告視聴を選択しても300本のタンクを貯める必要があります。 1本30秒の動画広告として総視聴時間は3時間です。300円貯めるのに、3時間広告を観て300本タンクを貯める訳ですね。 しかも、このタンクは3本しかありません。貯まったら広告を視聴しマイルに交換しないと空になりません。空にならないとタンクは貯まりませんので、頻回にアプリを起動させる労力も発生します。 おまけに、タンクは合計10本まで追加出来ますが、1本追加するには8000マイル必要になります。 これだけ聞いて移動するだけで簡単にポイントが貯まるお得なアプリと思う人は殆ど居ないでしょう。 300円を得る為にアプリで消費した充電電気代、3時間分の広告に掛けるデータ通信量、労力に対するリターンからして、やる方がそもそも損失であり、そもそもやらない方が余程良いと言う結論に達しました。 例えば1日600キロ走る長距離ドライバーで尚且つ以前からwimaxなどのデータ無制限のポケットWiFiを保有している人に限定すれば信号待ちで広告観てを繰り返してやるなら良いとは思いますが、99パーセントのユーザーに利益は無いアプリだと個人的には思います。