ID非公開

2021/4/22 11:17

66回答

タバコは他者も不健康にしてしまうよね??

1人が共感しています

その他の回答(5件)

0

現実は、そうでもないと思いますよ。 昭和の時代、なんと成人男性の喫煙率は80%以上あり、当時は分煙という概念が無く、家庭・オフィス・公共施設・公共交通・飛行機までも喫煙可能でした。非喫煙者でも常にタバコの煙に晒されていたわけです。 そんな時代を生きた人々が、今の高齢社会を形成しています。つまり実態は、ぜんぜん不健康になってないという事。「受動喫煙ガー!」「破壊的な影響ガー!」などと大騒ぎする嫌煙者がいますが、ただの被害妄想でしょう。

4

受動喫煙も害になる。 タバコの煙のある部屋にいるのは害になる。

4人がナイス!しています

5

環境中に発がん性物質や浮遊粉塵、一酸化炭素等の有害物質をまき散らし、人々の生活環境の空気を汚染している訳ですから、喫煙は他者の生命や健康に危害を及ぼす行為であることは確実でしょう。

5人がナイス!しています

1

本当に身体に害があるってものなら製造販売禁止にするはずです。 製造販売禁止にすれば麻薬のように一般流通しないし使用すれば取り締まる。 麻薬だって食品添加物や農薬とか検査して害があるものは厳しく規制してるんですから。 私はお金の無駄だと思うので喫煙しませんが・・・

1人がナイス!しています