ID非公開

2021/4/24 14:01

44回答

「芸能界の闇」みたいなものって 外国の芸能界や映画界でもあるのですか? .

1人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

レア・セドゥの映画を観ていると やけにヌードが多いのです。 脱ぐ必要のない映画なのに、わざわざ脱がされている感じ。 まるで事務所や監督に脱がされているようで気の毒になってきます。 池脇千鶴(ジョゼ)だって 脱がなくても映画として普通に成立するのに 脱がされて、気の毒です。

お礼日時:5/1 16:28

その他の回答(3件)

2

マチヤマ智浩さんがエディターだった頃=90年代、(映画秘宝の前身である)「映画宝島」というムック版雑誌がありました。その第3号(にして、なんと最終号)が『地獄のハリウッド』です。 まず「開けてびっくりのマル秘ピンナップ」という、アイドル的女優のトップレスフォト(のコラージュ)が収められた記事からこの本は始まってます。この本を手にして、ワタシは "スキャンダルまみれのハリウッド" というものを知りました。 (その後新装版としても発売されましたが) 今でも入手可能かも知れません、まずはこのあたり、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

画像

2人がナイス!しています

1

「スキャンダル」という映画がそんな内容のものでした。実話らしいです。

1人がナイス!しています

2

あります。 そもそも数年前「ME TOO運動」が始まったのは アメリカから。 この動きがアメリカと同様に強かったのは韓国。 この運動で女性が声を上げ、芸能界追放された人います。

2人がナイス!しています