回答受付が終了しました

確定拠出年金制度(企業型DC)に加入させられて、配分を決めないといけませんがどのようにしたら良いかがわかりません。元本割れは防ぎたいです。

資産運用、投資信託、NISA | 年金609閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

回答(7件)

1

法律で決まっているので「入らされて」という表現は誤りです。 私はいろいろ頑張って、今+160万円くらいになってます。 少なくとも週1回くらいはサイトを見に行って、スイッチングを駆使しましょう。 単純に元本割れを防ぎたいなら労金の定期が良いかと思います。

1人がナイス!しています

0

下記資料を参照ください。 https://lifeguide.smtb.jp/c/dc/ht_1607.pdf 完全お任せするなら、バランス型商品を選択ください。 保険商品に比べると成長性は高く、その分リスクはありますが、これから40年以上積立て投資を継続しますので、一時的なリスクはほとんど吸収されます。 国内外の株式に自分で選択して投資する場合、リスク変動に応じて定期的にリバランスしなくてはなりませんが、それも自動で行ってくれるのが便利です。

0

「加入させられて」とあるのですが、あなたの将来にとって大切なお金ですよ。考えること、勉強することを放棄すると将来困るのはあなたです。 そもそも「会社の想定利回りは何%ですか?」という質問に答えられますか?想定利回りとは会社が給付額の設定を行う際に決めており、例えば2.5%ならば2.8%の成績を出せば会社の想定額を上回り、逆に1.8%なら会社の想定額を下回るお金しか手にできません。「定年時に1,800万円と言っていたのに1,200万円にしかならなかった」となっても会社は補填しません。自己責任になります。 だから会社の想定利回りを聞いておくことが大切です。あなたはその値を参考に自分の目標利回りを決めなければなりません。例えば3.0%にするのなら、定期預金や保険など元本確保型では到底無理です。これらは高い商品でも0.1%しか付きません。株式や債券など値動きをする商品を入れるしかありません。 だからと言って高い利回りが期待できる商品ばかりだと相場が下がると大きな痛手を受けます。こういった事情から目標利回りを決めてそれを達成できる商品の組み合わせにすることになります。 こんな事情から簡単に商品構成は決まりません。まずは本を買って勉強しましょう。 GWはコロナで旅行は無理でしょう。あなたの人生のためにもいい機会です。本を買って勉強してみてください。その中で分からないことがあればまた質問に来て下さい。

0

高卒か、せいぜいFラン大学くらいしか出ていないんですね… まともな人間は「確定拠出年金とは何か」検索して、毎月会社がお金を出してくれるけれど、運用先は自分で決めなさいよ、という制度の全体像を大まかに掴むので「加入させられて」などという、まるで被害者であるかのような言い回しには絶対になりようがありません! 自分の給料から天引きされるのであれば元本割れは避けたい気持ちも分からなくはないのですが、あなたは「お金の弱点」について考えたり教えて貰ったことがないので幼稚な発想しかできないのです。 お金は物々交換を媒介するチケットとしては便利ですが、価値を保存する機能は例えるなら「穴のあいたバケツ」です。 穴の大きさが「毎年1%の減価」だとすると、短期間で使ってしまう分にはそれほど気になりませんが、年金の運用期間は40年くらいなので、いくら不勉強なあなたでも40%の減価は許容できないのでは… 長期運用は「複利」キモというヒントはあげますが、おそらく会社への回答期限が迫っていると思うので私の独断で選んであげますが、失敗しても責任を取ってあげられませんので、あとからじくっくり勉強しましょう。 中央銀行の金融政策が今後2年変更がないという前提で 日本株50%、外国株50% シンプルすぎると不安に思うかもしれませんが、ゴチャゴチャ組み合わせると考えることに疲れて思考放棄して逃げ出してしまうからです(笑)