ID非公開

2021/4/30 20:30

22回答

MMTを勉強中ですが、地動説になぞらえるだけのことはあって、難しい話が多いです。

経済、景気 | 政治、社会問題222閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

最後は主流派と同じことを言うしかなくなってしまう(かつてラーナーがそうであったように)。そしてそれがあれば、目先の経済財政政策だけでなく、様々な経済事象や法律問題、歴史認識などに対する新しい解釈が生み出されてくる。MMTが貨幣論だ、というのは、こうした様々な物事に対して新しい見方を可能にするからであって、単に経済政策の話にとどまるものではないからだと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

まだまだ勉強中です。「MMTはマクロ経済の体系」と主唱者は言っているので、やはり体系全体を踏まえたうえで社会を観察しないといけないのでしょうね。 体系から気に入った要素を抜き出して理論を再構築するようなアプローチではダメだという感じはします。 ご回答いただいたお二方、ありがとうございました。

お礼日時:5/7 20:49

その他の回答(1件)

0

MMT(現代貨幣理論)、さほど難しくは無い、話ですよ。 まず、『政府の負債と民間の負債』は、真逆の負債です。と言うのは、 民間の資産=政府の負債+α(アルファ)というのが、古今東西普遍の公式だからですね。 つまり、 《政府負債(財政赤字)は、民間資産(国民預金)と国富(国の富)を作る為に存在している》からですよ。 『政府が通貨を発行する』為には、 貨幣の1つの国債(政府にとっては負債の1つ)を発行する必要が有りますね。そして、 『政府が通貨を発行するのは、民間部門にある資源を政府部門に委譲させる為』と 表現されてますが、 それは、民間資産(国民預金)と国富(こくふ)を一緒にした表現で好ましくないですね。 この先、数行下で解説致します。 質問者さんは、簿記の勉強した事有りますか?古今東西普遍の《商業簿記3級の基本知識が有れば、 MMT(現代貨幣理論)はそれほど難しくは無い》のです。《お金の仕組み》の理論です。イデオロギー(政治思想・社会主義)には関係無いです。 まず、第一に理解すべき点は、 ☆★【誰かの赤字(借金)は、誰かの黒字(資産)】という事実なんですよね。 つまり、【政府の借金(財政赤字)=民間資産(国民預金)】という、当然の真実(しんじつ)なんですね‼️ 古今東西普遍の商業簿記3級の基本 ①【資産=負債+資本(純資産)】から ②【民間資産(国民預金)=政府負債(財政赤字)+国富(こくふ)】となります。 国富は、新幹線、レインボーブリッジ、お台場が代表ですが、ダムや橋も国富です。国の富ですからね。 ②は、罪(財)務省のPB(プライマリーバランス)黒字目標が如何に理不尽かを表す式です‼️ (激怒) 何故なら、右辺の政府負債(財政赤字)を減らせば、 左辺の民間資産(国民預金)を直ぐに減らすからですね‼️ 理解しやすい動画です。 【お金の仕組み・MMT(現代貨幣理論)‼️ 】 https://youtu.be/r-RyAtkZdhA ☆★☆『国の借金増えるのはけしからん❗1200兆円で国が財政破綻する‼️ 』と言う人(財政破綻論者)に言います。 【国(正確には政府)が借金を増やしてなかったら、代表的な国富(こくふ)である新幹線もレインボーブリッジもお台場も存在してないよ‼️ 国の道路や橋が税金だけで造られていると思っているなら、恥ずかしいから勉強しよう‼️ 】 【政府の負債は国民の資産だよ‼️ 】商業高校生も知っている‼️ この事実を財政破綻論者に突きつけるよ‼️ 【財源は ️毎月一人10万円給付は可能か? ️いやいや、毎月20万円給付は? お答えしましょう】 山本太郎・れいわ新撰組 https://youtu.be/loD2wHTaib0

画像

ID非公開

質問者2021/5/4 2:56

ご回答ありがとうございます。 おカネのことは主権通貨を有する政府であれば何とでもなるので、実物資源に重きを置いた見方をする。ということになっていってそのあたりからつかみづらいですね。 バランスシートでの説明も「ジェットを政府が手に入れる場合」という例を見ました。単におかねが発生するわけではない、ということでしょう。政府が資源を手に入れる際のおカネの動き、という格好になっていました。 結局、政府はジェット機を手に入れて、民間に対して負債を発行[通貨発行]する。 この時の負債はヒエラルキートップの政府発行によるもの。さらに国民に対して政府は負債(政府発行の通貨での納税義務)を負わせているので通貨は駆動する。 単なる給付金やベーシックインカムに対してMMTが手厳しいのはこのあたりのことなのかもなと思っています。 何に対して支出するのかは十分に考える必要がありそうだなと。