書道経験者、書道師範お持ちの方に質問です。 墨汁(墨液)についてですが、調べ方が悪いのか…膠系と合成糊系とうまく検索できません。

補足

書芸呉竹「濃墨」を購入し試しに書いてみましたが、乾くまでに時間が掛かりますが…乾いた後の一文字一文字が立体的な感じで、下手な字も上手に見えました(^^)

習い事46閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

0

補足を拝見しました。よかったですね! 濃いので、時間がかかるのかな? 私は普通の濃さを使ってないので、比較したことがありませんでした。 勉強になります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

breathさん、祥香堂さん、さかそうさん!みなさんありがとうございました。 今日昇格試験の課題が仕上がり、来週発送です。…課題に飴ちゃんの賄賂付けた方がいいかな…など腹黒な事を考えたりもします(笑) また画仙紙用のナイフとランクアップさせた合成糊の墨汁も今日届くので、どちらも楽しく試してみようと思います。また私の質問を見掛けましたら回答して下さると、すごく嬉しいです(*^▽^*)

お礼日時:5/8 16:00

その他の回答(2件)

0

濃墨だと私も玄宗を使っています。 濃墨で乾きにくいということは、吸い取りがしっかりできていないのではないでしょうか。 また、その日の気温や湿度などにも影響されるので、墨の様子を見て、水を足したり、あるいは硯を温めたりして調節すると良いでしょう。 最近はほぼ玄宗しか使っておらず、他のメーカーのものはあまりよくわからないです。申し訳ありません。

今晩は! 乾きにくいなと感じたのは、合成糊よりもパリッとするまでに時間が掛かるなという印象を持った為です。 普段は合成糊の濃いめの墨汁又は普通の濃さを使っていますが、久し振りに膠系を使ってみた所(購入したばかりで使ってみたかったんです)、かなり印象が違って驚きました。 以前は時々ですが膠系を使ってみてはいたものの、実力が伴わず断念…。 羊毛筆が大変気に入り、それならば久し振りに膠系使ってみるかと購入した次第です。 毎月の課題や昇格試験などで膠系や合成糊の墨汁等、色々と使い分けてみようと思います。

0

普段使いなら、墨の華か玄宗で充分だと思います。 この2つはメーカーの違いなので、基本的には一緒です。 墨の色が、ちょっと良くないですが 伸びもまずまず 乾きにくいと言うのは、滲み過ぎると言う事でしょうか? それとも、文字通り水分が飛んで乾くのに時間がかかると言う事でしょうか? 前者なら、滲みの加減がいい具合のところであて紙をして滲みを制御します。 後者でも、表装する時には乾いているので問題ないかと思います。 膠は、個人的には展覧会の時にしか使いません。 臭いので家族に嫌がられるので… あと、価格的にも優しくなく。 でも、膠のが良く伸びて掠れもいい具合に仕上がり好きです。 墨色も良いです。 漢字科なら 大きな展覧会でない限り、墨の華か玄宗で充分だと思います。 私の場合は、子供の頃から開明書液で育ったので、開明の墨の華です。

今晩は! 確かに膠はクセのある匂いがするので、気になる人にとっては「くさ~い」となるかもしれませんね。 掠れや滲みがうまく出せた時は「膠、ありがとう」位に嬉しくなりますが、そういった事の回数も少ないので、まだまだ修行が足りません。 膠系や合成糊など、出す作品(昇格試験や毎月の課題、書体など)によって使い分けできる様に、色んな墨汁を試してみようと思います。 今回も勉強になるアドバイスをありがとうございました。 乾きにくいと感じたのは、合成糊と比較して、完全に乾いた時の「パリッ」とした感じになるまでに少し時間が掛かるな~と思いました。 今使っている普段使いの墨汁が無くなったら、玄宗を試してみます。