回答(18件)

1

質問も酷いが、下でも酷い回答も多い。 原発は、海沿いだけでなく、川沿いにも湖沿いにもあるし、内陸部にもある。これは、原発だけでなく火力でも同じ。 原発、火力の熱効率は30~40%程度であり、海水、河川、湖水、大気と熱交換(排熱処理)する必要があり、海がある国、地域は海水と熱交換しているということ。

1人がナイス!しています

0

原発を中心に放射性物質が大気中に漏れて汚染が広まったときに周囲の海の分だけ国土の汚染が避けられるからでしょう。

0

東京は大きな川が有るから東京に作れば海沿いよりも遥かに安全な川沿いに作れるのですが、原発は有害で危険だから東京には作れなので、有害で危険な原発を地方に押し付けて、地方の海沿いに作ったのではないですか。

0

核燃料の冷却に大量の水が必要だからです。核燃料の冷却に重水やガスを使う場合でも発電タービン回すのに水が必要です。