いつも「竜巻とみられる突風」と表現されるが、 竜巻でいいのではないか。 それとも、竜巻と突風は違うのか? 区別の基準が分からない。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん、詳しく教えて頂きありがとうございます。

お礼日時:5/7 1:45

その他の回答(4件)

1

証言などによる現象の見分け方 天気が晴れなら→『つむじ風』 建物などが倒れる方向が同じなら→『ダウンバースト』 気温の急激な低下と気圧の上昇→『ガストフロント』 渦の目撃、気圧の急降下、帯状の被害→『竜巻』

1人がナイス!しています

4

「激しく回転する旋風」…を「竜巻」の定義とするなら、たんなる「突風」は必ずしも「竜巻」を含むとは限りません。 竜巻が原因と思われる「突風」はあり得ます。原因が明確でない場合はまだ「突風」としておいた方が無難?

4人がナイス!しています

4

気象庁で、ダウンバースト・ガストフロントも含めた激しい突風を表す気象用語。 竜巻→積乱雲の下で地上から雲へ細長く延びる強い上昇気流で発生する激しい渦巻きを指す(英語ではトルネードと呼ぶ)。 熱帯低気圧が発達したハリケーン・タイフーンとは性質が異なり、比較的小規模で寿命も短いが、猛烈な風を伴う為、短時間に甚大な被害が出る事も有る。 突風→竜巻を含む瞬時に吹く強風の総称。竜巻以外で突風とされるものには、積乱雲から吹き降ろす下降気流が地表に衝突して水平に吹き出す激しい空気の流れのダウンバーストや晴天で強風の日中に強い日射の熱上昇気流が原因で起きる塵旋風(じんせんぷう)・つむじ風が有る。 ガストフロントは、積乱雲の下で形成された冷たい(重い)空気の塊が、その重みにより温かい(軽い)空気の側に流出する事で発生。範囲は竜巻やダウンバーストより大きく、数10km以上に達する事も有る。 →よって、竜巻・ダウンバースト・ガストフロントは、それぞれパターンこそ違えど、突風の中の一種である。

4人がナイス!しています

0

竜巻は突風をもたらす現象のひとつです。 突風をもたらす現象には、竜巻の他にもダウンバーストやガストフロントなどがあります。 突風による被害地域の分布状況などを調査し、その突風の原因が何なのかを断定できるまでは「「竜巻とみられる突風」と表すのです。 気象庁 竜巻などの激しい突風とは https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/toppuu/tornado1-1.html