速さと比の関係がいまいち分かりません。

画像

数学 | 公務員試験12閲覧

ベストアンサー

0

「比例」というのは「2倍になったら2倍になる」ということだね。たとえば、1個120円のパンを「2」個買うと、値段も「2倍」になる。これが「比例」。 同じ速さなら、時間が「2」倍になれば、距離も「2」倍になる。当たり前。 「反比例」は「2倍になったら1/2倍になる」ということだね。たとえば、1人で4時間かかる作業を2人でやれば2時間になるみたいなこと。 240kmの距離を時速60kmで進めば4時間かかる。速さを「2」倍して時速120kmにすれば時間は「1/2」倍の2時間。当たり前の話。

その他の回答(2件)

0

距離=速さ×時間 という関係があります。 速さも時間も変数ですが、 もし速さが同じなら、 距離=定数×時間 と考えられるので、 距離は時間に比例します。 例えば、 ずっと時速10kmで動いて入れば、 1時間で10km、2時間で20km というように比例関係にあります。 同じように時間が同じなら 距離は→速さに比例します。 時速10kmで1時間なら10km 時速20kmで1時間なら20km というように。 距離が同じ場合、 速さは時間に反比例です。 例えば 20kmの距離を時速10kmで動けば2時間 20kmの距離を時速20kmで動けば1時間 というように。

0

①時速100kmの車で進む距離 1秒 100km 2秒 200km 3秒 300km 上記を比例関係という ➁10秒間に進む距離 秒速10m 20m 秒速20m 40m 秒速30m 60m 上記を比例関係という ➂1000m進むのにかかる時間 分速100m 10秒 分速200m 5秒 分速250m 4秒 上記を反比例という