ID非公開

2021/5/3 21:09

66回答

ふるさと納税について詳しい方いませんか?

税金 | 料理、レシピ32閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/5/4 13:18

その他の回答(5件)

0

簡単に ふるさと納税は、税金の先払いです。 (以下サラリーマンがワンストップ制度で行う場合) 次年時に支払うべき住民税を今年別の自治体に寄付します。 寄付分-2000円が次年の住民税から控除されます。 自治体によっては、寄付分の3分のⅠ程度のお礼の品を送ってくれます。 2000円以上の品ならお得感があります・・・ 注意は、この恩恵を受けられる金額に上限があること、上限は年収によって算定されます。 ですから、年収が確定する前に寄付してしまうと、上限を超える場合があります。 年収は年末まで確定しませんし、医療費がかかって医療費控除を受ける場合も減税され、上限が下がります。 サイトによって得意な品があるので、いろいろなサイトをサーチしておくといいと思います。 楽天はカードがあれば、ポイントが付き、買い物と同様の手続きで寄付でき便利だと思います。 その他、Amazonのアカウントが使えるサイト等、ご自分の手持ちの支払い方法等で選べばいいかと思います。

0

ふるさと納税の本来の目的は、都市部と地方部における税収の格差の解消です。 そういう意味では、地方部の自治体にメリットがあります。 年間2000円の自己負担で、自治体への寄付額の約3割相当の返礼品を受け取ることができるため、個人にもメリットがあります。 例えば、ある自治体に50000円寄付したとすると、約3割(15000円)相当の返礼品を受け取ることができます。これだけでは損をしていますが、申告手続きをすることにより、寄付額から2000円を除いた48000円が支払済みの所得税からから返ってくる(もしくは次年度の住民税が安くなる)のです。 結果的に48000円の自己負担で15000円相当の返礼品を手にいれたことになります。 全体を通して見た場合、年間の寄付額合計(約5000億円だそうです)の約3割相当(約1500億円)が、本来は自治体の税収となるべきところ、個人への返礼品として使われており、自治体全体としては明らかな減収である事がデメリットと考えます。 選び方としては、まずふるさと納税債とを1つ選びましょう。個人的にオススメはふるさとチョイスですが、楽天ふるさと納税も人気のようです。 あとは通販気分で商品を選び購入ボタン(正しくは返礼品を選び寄付ボタン)を押すだけです。 注意点としては、個人の所得に応じて限度額が決まっていますので、事前に限度額を調べてそれを越えないようにするのと、確定申告もしくはワンストップ特例制度で申告手続きするのと必要がありますので、忘れないようにしましょう。

0

ふるさと納税は、自分が応援したい自治体(ふるさとや縁のある場所)に納税する選択肢が納税者に与えられる制度です。 それなりに所得のある方でしたら、実質負担額2000円でそれを上回る価値のある返礼品がもらえますので、それを目的にする方も多いです。 また、うまくふるさと納税すれば、ポイントもかなり貯まります。 個人的には楽天ふるさと納税がポイント貯めやすくておすすめです。 https://plaza.rakuten.co.jp/okinakyojin/diary/202008140000/ デメリットは特にありません。

0

ふるさと納税は自分が生まれ育ったふるさと(自治体)への崇高な寄付行為ですから、メリットもデメリットもありません。 自治体によっては、地元の名産品をお礼の品として送ってくれます。 返礼品を先に自分で選んでから寄付することもできます。 また、不思議なことに、自分の生まれ育ったふるさとでなくても、同じように寄付ができるのです。そこで、返礼品目当てに欲しいものがある自治体に寄付をするという本末転倒な事象も起こりますが、それも許されています。 ふるさと納税のサイトでは、そのしくみなどを詳しく説明していますので、読んでみてください。 例えば、ここです。 https://event.rakuten.co.jp/furusato/guide/

0

ここで質問しなくても、サイトに全て記載されています。 簡単に言えば、自分が応援したいと思う地方公共団体(都道府県・市町村)へ寄附を行った場合、現在住んでいる市町村の個人住民税などから2000円を除いた部分が控除される制度です。 https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html