ID非公開

2021/5/3 23:44

55回答

友人が某メガネチェーン店に勤務をしているのですが、その友人は視力が良く、普段は裸眼で過ごしています。

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

メガネかコンタクトで矯正しないと仕事や日常生活に支障がある人が35%、視力が高くて裸眼で平気な人が35%。 メガネ屋もおおよそこの割合で社員が構成されています。 メガネ屋の社員は講習や勉強会がとても多く、それも時間外で催されますから一人前になるまでは大変です。 勉強の内容は販売業、メガネ光学、眼科学の三つです。 これがマスターできれば目が悪い人の気持ちがわからなくても困りません。 お友達は「職業として必要な知識と技術が商品なのだから、お客様の気持ちに寄り添わなくてもご満足頂ける」と言ったのだと思います。

0

結構と言うほどではありませんが、普通にいます。 ただ、目が悪い人の気持ちがわからないと言うのは問題ですね。レンズや目の知識を使って疑似体験できるのに、そう言った努力をしていないということでプロ失格でないでしょうか。