なぜMDって、あんなに日本で普及したのですか?

補足

CD-Rは当時無かったのですか?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

- 捕捉について - MDが登場して間もない頃は、CD-RやCD-RWも普及していませんでした。 選曲可能なデジタル録音メディアでは、MDのほうが早かったです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:5/7 6:57

その他の回答(7件)

0

手元にあるシャープのコンポにも付いていますが、メディアをセットしたことがありません。 付加価値に利用されて出荷数だけが増え、殆ど使われずに終わったのではないですか?

私が所有するMD付きコンポは2001年の発売で、CDRよりずっと後のことです。 私は古くからデジタルのミキシングコンソールとCDRを利用していましたが、当時としては処理能力が高いパソコン、編集ソフト、焼き込みソフト、専用CDRドライブを駆使して製作するために豊富な知識と多額の費用を要し、音楽好きと言うだけでは手が出せないものでした。 マランツが一体型CDRレコーダーを約70万円で売り出したのが1995年で、私も出張録音用に購入しました。動作自体はテープ録音機と同じく簡便で、音質が結構良かったです。 素材を持ち帰ったら自宅パソコンの編集ソフトに取り込んで曲を切り取り、それを焼き込みソフトに取り込み、CDRドライブで焼く。結構手間暇の掛かるものでした。

0

こんにちは なぜでしょう?(-.-; 家にMDデッキがありますが、使っているのを見たことがありません。 自治体の合同演奏会の出演した部分を記念録音として頂いた1枚を再生するためだけに有る見たい(-.-; 使ってないのに赤いランプが点いてるし、すごく無駄なような気がします ちなみにSONY MDS-JB930って印刷されてます。 こっそりゴミ屋さんに出してしまおうかとモクロんでおりますm(__)m

0

重大事故の原因になったカセットの取り扱い性問題根本排除、音質も含め理想的なメディア、根付いて欲しかった。 プジョーのコンソールに1枚入るが友人から借りて一回聴いただけ。 メインはトランクルームのCD6連マガジン。 レコーデッドディスクが店頭にあった時に買った置けば良かった。 今でも残念に思う。 ハンドリング、表裏、位置、訳が分からなくなるカセットの諸問題対策を思い切ってアピールすれば巻き込みも出来たろうに・・・・・・

それ程普及はしなかった! 良さそうだと思っていたがオーディオ愛好者はメイン音源となるCDデッキ導入、CDアルバム買い直し、面倒くさいけれど高級カセットデッキ保持。 若者向けのコンパクトステレオおよび業務用機材として普及しただけ。 国産自動車メーカーがその良さ、安全性に気付かなかったことが残念。

0

逆ですね 世界で普及しなかっただけです MDは日本メーカーが技術の権利の殆どを特許などで固めてしまい他国の企業が製品を作るには高額なライセンス利用料の支払が必要になりました それで海外では嫌われてしまっただけです 音質はアナログテープより遥かに劣りましたがテープのようなヒスノイズがなくラフに扱っても伸びたりしない点が一般には受けました メンテナンスフリーで使えたのも大きいと思います もしライセンスフリーにしていたら状況は大きく違っていただろうと思います

CD-Rの登場のほうがずっと跡ですし出始めの頃はCD-Rは一枚が1500円くらいして書き換えも出来ずとても不便なッメディアでした CD-RWが登場したのはもっと後です シェルに入ってラフに扱えてサイズも小さいMDのほうがポータブルでの利用には圧倒的に有利でした 直径が12cmのCDはポータブルCDプレーヤーもジャケット2枚分 の厚みが必要でとても携帯性が悪かったです 音飛び対策もディスクが大きくなる方が難しくディスクが小さいMDのほうが有利でした カーオーディオでも高速道路の次目くらいのショックでたまに音飛びしたそうです

0

@:MDはコンパクトカセットテープに替わる製品としてでました、ポータブルやカーオーディオに採用され普及しました、テープと違って一発選曲や曲の組み合わせなどが出来て便利が受けたのでせう