現在特別支給の老齢年金を受けながら、夫の扶養内でパート勤務しているものです。

税金、年金 | 年金58閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

ID非公開

2021/5/4 16:43

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく教えていただきありがとうございます。ベストアンサーとさせていただきます。

お礼日時:5/8 22:15

その他の回答(3件)

1

パートは給与所得控除55万なので、給与所得25~35万くらい。 公的年金は公的年金等控除110万なので、雑所得0でしょう。 合計で基礎控除48万を使えば、所得税も住民税も非課税です。 公的年金が96万なら、20ヶ月くらいは繰り下げても、 非課税枠内には、なりますから、できるだけ繰り下げ受給を するのが、オトクですね。 パートの給与+年金の合計が月15万になれば、健康保険の 扶養には入れないので、年金はもらわないことがオトクでしょう。

1人がナイス!しています

1

年金の繰り下げをお勧めします。 65歳以降の年金控除額は110万円ですので、110万円になっても、所得としては0円になります。 又、基礎控除48万円もありますので、158万円までは、所得税は0円です。(年金のみの収入の時)70歳以降多分パートの働き口も無くなりますから、70歳まで年金の繰り下げをしても非課税となります。

1人がナイス!しています

1

65歳になると 公的年金の控除が110万になるので、 年金(雑所得)の所得としては 110万こえないから0です 給与 - 55万 が あなたの所得になります なので、扶養の範囲でいられます(配偶者控除) 健康保険の扶養は 年180万まで 相手の半分まで です。 (旦那さんが 現役というか 社保の場合)

1人がナイス!しています

健康保険の扶養は夫の年収の半分ということですが、私の年金額とパートの給与を単純に足して計算したもので良いのでしょうか?夫は再雇用でやはり特別支給の老齢年金も受給してますが、そうなるととても微妙な値になります。