ID非公開

2021/5/4 22:39

77回答

日本航空と国はなぜ日本航空123便墜落事故の生の音声データと飛行データを公開しないんですか?

飛行機、空港112閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

他の方への返信ですが > 事故調査報告書と生存者の証言が食い違っているというのはよく聞きますが、 食い違っていませんよ。 生還者は事故調査報告書にある通りことが起きた場合の機内の状況を、実に正しく証言していますよ。

その他の回答(6件)

0

そのような国際条約があるからです。 日航もそれを理由に開示をしておりません。 某氏を筆頭にした団体がその開示を巡って提訴していますが、仮に「公開すべし」と判決が出たところで、陰謀論者が期待するようなモノは出てきませんよ。 それでも「既に政府は隠蔽工作を終えていた」と世間にアピールをして、終わりなき運動が続くだけでしょうがね。 まともな裁判官なら「公開すべし」などとは言いませんが、公開しない方がおかしいと主張するのは陰謀論者とそれに踊らされている人たちだけですね。

0

逆に言えば、 あの音声データには、 どのような意図があり リークされたのか? 「〜お客様がいるのですが よろしいでしょうか?」 「手早く」 「気をつけて」 「手早く」 「気をつけて」 「気をつけて」 爆発音 「何が爆発したぞ」 ここから始まるのは、 爆発音の前にすでに 何らか危険を感じていた 事実を広めたいだめ。 俺も偏見で タイ航空機事件と 結びつけたいがため 無視してしまっていたが 「貨物を出し入れする 扉のあたり」 これ 貨物が爆発したという 1番伝えたかったこと かもしれませんね。

0

1985年8月12日に発生した日航123便墜落事故について、今年3月、遺族の方が会長を務める「日航123便墜落の真相を明らかにする会」が、ボイスレコーダー等、生データの開示を求めて、東京地方裁判所に提訴しましたが、遺族の方等、関係者の了承が得られれば、事故原因究明のために、開示されて然るべきだと考えます。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

3

また青山透子の戯言に感化された奴が出てきたな。こういう奴がSNSのデマを拡散するんだろうな

3人がナイス!しています

0

国際民間航空条約第13付属書が、どういう理念で書かれたか、という話になると思います。 「事故又はインシデント調査の唯一の目的は、将来の事故又はインシデントの防止である。罪や責任を課するのが調査活動の目的ではない」 「調査実施国は次の記録を事故又は重大インシデント調査以外の目的に利用してはならない」 という記述があります。 その理由として、 「事故または重大インシデント調査の間に面接した者から自発的に提供されたものを含まれる情報は、その後の懲戒、民事、行政及び刑事上の処分に不適切に利用される可能性がある。もしこのような情報が流布されると、それは将来、調査官に対し包み隠さず明らかにされるということがなくなるかもしれない。 このような情報が入手できなくなると、調査の過程に支障をきたし、航空の安全に著しい影響を及ぼすことになる。」 という注意が添えられています。 実際には日本では業務上過失致死傷罪があるので、警察が現場検証や資料の提供を求めます。 ICAOは航空先進国が中心になって作ったので、日本式の考え方にそぐわない部分もあるかもしれません。(たとえばアメリカでは飛行機事故で業務上過失致死罪を問わない) しかし日本においても、警察と事故調が緊張関係をもってお互いを見張ったり、補完しあったりするという、良い面もあります。 警察は飛行機に関する専門知識に乏しく、いっぽうで事故調はマンパワーが不足しているからです。 日本がICAOに加盟しているメリットはその他の要素の方が大きいですが、事故調査についても必ずしも条約が邪魔になっている訳ではないと思います。