昭和の時代は、ユリ・ゲラーさんや宜保愛子さん 新倉イワオさん、織田無道さんがいましたが、 平成から令和になったら

ベストアンサー

0

その他の回答(9件)

0

情報が多くなって、むしろ増えているように感じますね。 ユリゲラークラスから織田無道まで広げるなら、それこそ数えきれないくらいの霊能関係者がいますよ。

0

ユリ・ゲラーは、番組スポンサーの顔を立てて、そのメーカーの物を折る、曲げるということを番組内ではやらず、カメラの回っていないところでメーカーのお偉いさんにサイキックパワーを披露して驚かせたそうです。 彼の収入源は油田の採掘場所を当てることなどだそうです。 日本の超能力者清田氏は、テレビ出演すると台本どおりにやらされたと何かで言っていました。 宜保さんは、あらかじめ調べられるようなことも言っていましたが、言われて驚いたと言っていた人もいますので、事前に調べたとしたら、かなり腕の良い調査員だったのでしょう。 織田無道さんは、「霊視なんて嘘」と言っていたと思います。 こうして見ると、玉石混淆ですね。 また、オウム以来、こういう番組は地上波では少なくなりましたが、CS放送では今でもあります。

0

2008年にBPOが 霊視番組は倫理違反と発表したのが 影響しているのでしょう。 超能力はまだマジック的な感じでごまかせるのですが、 前世を見るなどの霊視は、テレビ的にかなり難しくなった感じですね。

1

霊能系の番組では視聴率とれなくなったからだよ

1人がナイス!しています