組み合わせの計算方法を教えていただきたいです。 「100万個の単語を、20個まで連結できる」とき、何通りの組み合わせになりますか?

補足

計算の式と、あと答えが知りたいです。 とても難しいと思いますが、もし解ける方がいらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

高校数学 | 大学数学16閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

その他の回答(2件)

0

カードかサイコロに変換して考える。 1)重複無し→同じ単語の組は無し。 100枚のカードと考える。 または、異なる100から20を取る組合せ。 2)重複あり→順番が違えばOK 同じ単語の組合せあっても構わないとき、 100枚のカードと考える。 または、異なる100から20を取る順列。

アドバイスありがとうございます。できれば式とか答えが知りたいのですが、やはり他の方にとってみても難しいようで…もし解けそうでしたらお願い致します。

0

その例 「2個まで連結できる」のに 1個だけの場合が含まれない理由は? あと「重複なし」「重複あり」ってあるけど そうじゃないよね 重複ありなら りんごりんご りんご赤い りんごおいしい 赤いりんご 赤い赤い 赤いおいしい おいしいりんご おいしい赤い おいしいおいしい だから9通り

あー!ほんとですね。1つの場合を忘れておりました。 あと、「重複」じゃなくて、「順番違い」と言うのが正しかったでしょうか? 以上のご指摘を踏まえると、こう↓でした。 ■順番違いなし 「りんご」「おいしい」「赤い」 「りんご、おいしい」「りんご、赤い」「おいしい、赤い」 という6通りの組み合わせになる。 ■順番違いあり 「りんご」「おいしい」「赤い」 「りんご、おいしい」「りんご、赤い」「おいしい、りんご」「おいしい、赤い」「赤い、りんご」「赤い、おいしい」 という9通りの組み合わせになる。