ID非公開

2021/5/6 6:53

44回答

無農薬の野菜を食べたくベランダ菜園をしようと考えています。

家庭菜園25閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

種は無農薬か農薬かこだわっていません。農園に農薬類はないだけの話で虫を殺すことも出来ません。みんな無農薬です。シルバーマルチや不燃布、防虫ネットを駆使して住み分けをしています。「此処からここは入っちゃだめよ」と言う感じです。幼い幼児や胎児のために無農薬栽培をしています。野菜をお金に代えることはしませんので法律に違反するとは思いません。農薬はなくても何とかなるものです。

3

家庭菜園を始める人の多くが無農薬栽培やら有機栽培やらと張り切るのですが現状を見て挫折するんですよね~~。 無農薬って言葉は使ってはいけないことになってます。 確かにスプラウトとして食する場合には農薬の類いは使われてない種が求められてますがそれは種を採ってから薬剤処理されてるかされてないかのことだと私は勝手に解釈してます。 ニラは知りませんがネギは日光を好む野菜ですよ。自らの影も嫌うと言われてます。 大根や人参等の根菜類以外はポットやセルトレーで苗を作っています。 そのほうが温度管理水管理がしやすいからです。

3人がナイス!しています

1

いってしまえば農薬を使っていても問題ないです。 事実日本の野菜の九割は農薬を使っていますが、日本は世界でもトップクラスの長寿国です。つまり農薬と寿命に因果関係はない(統計的に見れば農薬を使った方が長寿)ことになります。それが事実です。 種にも殺菌剤などが使ってある場合もありますが、そもそも種についている農薬は何マイクログラムという少量です。それが育っていくのですからとっくにその農薬はどんな機器を使っても測定出来ないレベルにまで薄まります。あなたが食べる頃には分子の数で数個というレベルです。それが猛毒であっても全く影響ありません。 殺菌されていない種を買うのはリスクでしかありません。育った時から病気の可能性が出てきます。それでは収穫すら出来ません。 種は普通にホームセンターや種苗店、園芸店で買った方がいいです。自分の目で見て買えますから。 >苗になるまで小さなポットに入れて育てる野菜とそうでないのがありそうですが 理由は個別に様々ありますが、一番の理由は「種から育てるより簡単で確実」だからです。 自分でポットに蒔く場合は、おもに管理の問題です。たとえばトマトは種は通常2月~3月に種を蒔きますが、その時期は冬ですから寒すぎて芽が出ません。なので保温もしくは加温する必要がありますが、でかいプランターを丸ごと保温するのは大変です(コストと手間がかかりすぎます)。なので小さいポットに種を蒔いて暖かくなるまで育ててから、畑やプランターに定植します。 ほかにも種が小さすぎて畑に蒔くと発芽しにくいとか、鳥などに食べられてしまうのを防ぐとか、清潔な種蒔き用土の方が病害虫が発生しにくいとかいろいろです。

1人がナイス!しています