なぜ薩長同盟が成功したのですか

日本史13閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

さすがマスター様 とてもわかりやすい

お礼日時:5/10 2:08

その他の回答(1件)

0

小松帯刀と木戸孝允が徳川政権妥当には協力必要と感じていた。反幕府派の公家がバックアップした。 慶応元年に長州が薩摩名義で小銃・軍艦買った。長州藩主親子が礼状出した。 幕府では薩長合体、薩長連合、薩長同盟成立と認識している。 慶応二年は第二次長州征伐の勅許出た時の薩摩の行動を約束した薩摩盟約書。俗に薩長同盟と言う。薩摩から給料貰っていた坂本龍馬が裏書した。 至るには多くの人が奔走してる。後藤象二郎、中岡慎太郎、グラバーなどなど。 西郷隆盛、坂本龍馬は小松帯刀の指示。 伊藤博文、井上馨は木戸孝允の指示。 小松帯刀の作った亀山社中からは近藤長次郎と高松太郎が立会。 坂本龍馬は10数通の薩摩に対する復命書が発見されており、龍馬エーージェント説と言われ、小松帯刀の指示と思われている。 国宝島津文書の研究進み、大きく変わった。 小説とは違う。