日本において「小説」という創作表現が一番光り輝いていたのは、「明治から終戦そこそこ」だと思うのですが、

小説 | 文学、古典31閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

回答ありがとうございます。 ・・・たしかに太宰や三島は社会性に欠けますね。 ※安倍公房の「砂の女」も社会性に欠けると思いますが・・・ 戦後の純文学は、ノンフィクションが花開いたのですね。 一度読んでみようと思います。 >商業的性質が強く、文学性が商業的条件によって刈り取られ過ぎています なるほどと思いました。 逆に言えば、文学芸術は商業を超えたところにある、ということですね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。

お礼日時:5/14 0:48