ID非公開

2021/5/8 16:24

1010回答

日本の大手航空会社の国内線ってなんでぼったくり価格なんですか? それでも乗る人間がそれだけうようよいるから成り立つのでしょうが

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

スマホも大手のぼったくりでようやく国が介入し海外ぐらいにしろという話になりドコモも7000円ぐらいぼったくっていたのが2700円までさがりました。2700円でももうかるのだから、相当今まで三社でぼったくり価格だったのでしょうね、大手の航空会社にも国が介入し海外の国内線相場ぐらいにさげさせてほしいですね、東京から札幌や福岡あたりなんかせいぜい12000円ぐらいが妥当でしょ。

お礼日時:5/10 3:23

その他の回答(9件)

0

新しい機材を用いているからでしょう。 LCC 運賃が安い大きな理由は機材(飛行機)が中古だからです。いくら飲食サービスや人員を削ったところで機材の買い入れ価格が同じではチケット代の差は実現しません。 航空機製造会社から新品機材を買うのは先進国のキャリアが殆ど、先進国のフラッグシップや同等キャリア、それらのキャリアが手放した機材を買い運用しているのが発展途上国のフラッグシップや同等キャリア、それらの発展途上国のキャリアが手放した機材を買って用いているのがLCC 各社だという事です。 マイケル・クライトン氏の著作を信じるなら大体こうなります。 世界で活躍する旅客機製造メーカーはボーイング社とエアバス社を始めとする米国メーカーがシェアの半分以上を占めていて旅客機新品の価格も押し上げています。

0

この4月タイムセールで羽田ー宮古、羽田ー石垣がJAL(JTA)、ANAとも片道8000円台の日がありましたよ。そういう時しか使いません。 新幹線も高いですからね。その運賃も頭に入れながら価格設定しているのでしょう。価格カルテルはしていないと思いますがLCC入れても4社5社しか選べませんからね。

0

自由価格で運賃が設定されているからどの航空会社がどんな価格を出そうと勝手なんじゃないですか? 各社いろいろな戦略で戦っているわけです。運賃だけでなくサービスも合わせてね。 それで、ダメな会社は退場していくし良い会社は残っていくのです。 ぼったくっていたら潰れるからそれでいいのではないですか? 潰れなかったら利用している者がいるということです。

ID非公開

質問者2021/5/8 20:48

ダメな会社は退場していく?つい最近までJALとANAだけ、さらにそのぼったくり価格でも馬鹿高い賃金でもだしていたのかJALは大赤字かかえ、国が(他人様の税金)JALに多額の公的資金だして退場させませんでしたけど、これは郵便局や、JRなども同じだからあんな経営できるわけでは。

6

ぼったくり、の意味を正しく理解してから質問しましょう。 ちゃんと事前に「○○円です」と価格を明示し、実際にその価格で利用できるなら、それが10万円だろうが100万円だろうがぼったくりではありません。 嫌なら、利用しなければ済む話です。

6人がナイス!しています

0

ご存知でしょうが、航空券価格は需要と供給の関係で成立していますから、JRのような距離連動でもコストに上積みする方式でもありません。 ご質問文にありますようにジェットスター(LCC)なら6千円でもJAL(FSC)なら2万円の価値があり、お買いになる方が実際におられるということです。 しかし、今後LCCの値段が趨勢となればFSCの値段にも反映されてくる可能性があります。 ここ数年はLCCの利用客の伸びが著しいのは誰しも認めるところでJALもZIPAIRの設立や春秋航空日本を傘下に納めてLCC部門の強化に躍起になっています。

ID非公開

質問者2021/5/8 20:22

それにしても1週間前予約の東京~札幌間2.5往復と1か月前予約の成田~サンフランシスコの1往復がほぼおなじ料金っていかに日本の大手航空会社が馬鹿高い運賃設定しているかですよね、10年前はにほにLCCなかったから、これこそぼったくり料金払わされてたということでは?かわりがないわけだから、今なら馬鹿高い運賃払うのは無駄と思えばジェットスターなりピーチなり選択肢はありますが10年前などはなかったわけですし