ID非公開

2021/5/9 17:41

99回答

音楽理論を学ばずにDAWソフトを使って曲作りをしている学生です。

DTM | 作詞、作曲141閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、たくさんのアンサーありがとうございます。 皆、共通して音楽理論を学ぶのは作曲する際のちょっとした、鍵として、軽く勉強しながら自分のセンスに任せた音楽を作っていこうと思います。 ありがとうございました。

お礼日時:5/24 1:12

その他の回答(8件)

0

理論というか、コードワークは学ぶべきかと。 アレンジが広がります。 susとかaddなんてただの知識でして 理論でも何でもありません。 1分で覚えられると思います。 それすら知らないってのは あなたの単なる怠慢ですよ。 自分に足りないと思ったら勉強するのは 当たり前のことです。

1

理論書って何個か持ってるけど音大生用の副読本みたいなのばかりで「はあ?なにいっとんねん」てのばっかりなんですよね、最近はもっといいのあるかもしれないけど。習わないとわかんないものだと思っていました ところがまあ個人で情報を発信する時代になって音大専門卒が面白おかしい無料の動画にして出している世の中なので触れないのはもったいないかとおもいます

1人がナイス!しています

0

どーでもいい話だな。 耳に頼って出来るなら、それで続ければ良いし、 理論を学習する必要性を感じるなら学べば良いだけ。 ラップ、ヒップホップの起源=ブレイク•ビーツを 知っていれば理論など不要だと解るはずなのだけれど、 プロデュースDJとして活躍したいのであれば、 ヒップホップ畑以外のミュージシャンと渡り合う必要があるので、 理論を学べば良いだけの話しだ。

1

コードの種類だけは覚えて、鳴らしまくって試すだけで十分ですよ。 それだけで、理論的におかしくないものになる人が作曲すりゃあいいんです。 susとかaddは別にコードとしては難しい話ではありませんから、勉強を始めるのは丁度いいころじゃないですかね。 最初っからそんなもん覚えるとろくなことは無いです。 なにか勉強したら必ず反対をやってみるとか破ってみる習慣を身に付けてください。 それでよければまた別個の理屈の名前がついてますんで。

1人がナイス!しています

1

音楽理論とは、人が感性で作った音楽を理論的に説明した後付けですから。 不協和とされていた音程や和音をどんどん使うようになって発展してきたのです。 二番目のコードにsus,add なんたら なんて、クラシックの作曲家に聴かせたら怒り狂うんじゃなかろうか。

1人がナイス!しています