福島の放射線汚染地域には野生動物が元気に繁殖して住民の帰還に安心感を与えているようですが、

原子力災害 | 動物36閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

その他の回答(7件)

1

原爆の爆心地では奇形児が産まれると死産として処理されましたが、福島ではそのような事例は出ていません

1人がナイス!しています

2

陰謀論はともかく、人が避難したくらい放射線が強かった地域ですから悪影響を与えた可能性はあるでしょう。ただ、動物にとっては人間ほどの悪影響ではなかったということです。放射線は時間が経てば下がります。それを確認して避難は解除されていますから、いずれにしろ住民の健康には影響ありません。 https://twitter.com/misaki_hattori/status/1204592539010912256

2人がナイス!しています

3

よくある、陰謀論っすね(笑) データも無しに言いがかりみたいな事言ってても誰も共感しないかな なんで心配しているのかも不明ですし、妄想とか悪意な気がします。

3人がナイス!しています

2

十分に有り得る事で、発災直後に奇形植物や奇形動物や奇形昆虫が見付かっていて、その情報を政府や東京電力や御用マスコミは隠蔽いると思われます。 生き残ったのは元気な動物だけで、実は発災当初に癌や奇形で多くの動物や人間が死んでいると言う、恐ろしいデータを隠蔽していると思います。 人間も例外ではなく、被曝による癌や白血病や急性心疾患や急性脳疾患などで、多くの人が健康被害を発症して死者まで出て仕舞っている事が想像出来ます。 『放射線汚染地域』=『永久立入禁止区域』には野生動物が元気に繁殖していて、住民の帰還に安心感を与えると言う『未必の故意』で殺○を犯そうとしているのが、自公連立政権の遣り口であるとともに『正体』だったんだと思います。 自公連立政権は遣る事が、北○鮮並みに酷いので、日本はもはや民主主義国家を標榜する事は出来無いと考えられます。 以上から、『永久立入禁止区域』並みの地域に帰還させる手段として、元気に繁殖していると言う事を『大本営発表』的に遣っていて、御用マスコミの垂れ流す記事やニュースなどで住民を帰還させて、モルモットとして研究材料にしたい御用学者の意向も有って、危険な地域に帰還させる積もりなのだと思います。

2人がナイス!しています

3

え、知恵袋で散々言われてた奇形やゴジラまであったのは嘘だったの? それに福島に住む人はばったばったガンで亡くなるとか・・・ な〜んだ、知恵袋って信用出来ないじゃん。

3人がナイス!しています