ID非公開

2021/5/10 12:27

55回答

有給休暇を使用していない社員に、不利益な扱いをすることは違法ですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

すべて、NOでしょうね、利用促進をお金で釣るのは問題ですよ 確かに、有給取得5日義務化ですからそれ以下の方に強制的に5日間取得させるのは会社の義務ですからね 年次有給休暇は会社に付与義務がありますが、それを利用するのは労働者の自由裁量ですね。 だから取得を奨励するのは企業として間違った扱いではないが、①~③については裁量を超越したものですね それをやりたいなら、計画付与というものがありますのでそれを活用してくださいね

0

法律上有給が10日以上付与される労働者については最低5日の有給を取らせないと会社が違法となります。 会社が奨励日を設けて有給取得を促したり時季を指定したりするなど、社員が有給を取るように施策を講じてもなお有給を取らない(取得が5日未満)社員は会社に損害を与えると言えますので、査定を下げることも可能かとは思います。 ただし、5日の有給を取れば会社は義務を免れますので、5日以上有給を取った社員に対して査定を下げるのはやりすぎになると思います。 例:50%未満の社員の査定を下げる→有給が20日ある場合は10日取らないといけない→会社の義務は5日でこれをクリアしている以上会社に損害を与えることはない→査定を下げるのはやりすぎ 会社が時季指定するには就業規則にその旨の規定を置く必要があります。 https://www.mhlw.go.jp/content/000510007.pdf

0

有給取得促進のため、有給取得社員にインセンティブを与えるのは 良いことだと思います。(会社にその余力があればですが) 査定については、有給取得を会社で積極的に促して、それでも有給を 取得しない社員(かなりの少数になると思います)にたいして 個別にインタビューをしてその結果を踏まえてどうするか対応すれば いかがでしょうか。

0

有給休暇を取ったことにより不利益な取り扱いをすることは違法ですが、とらないことで不利益を与えるのは違法とも言えませんが、あまり適切ではないと考えられます。 たたし③については会社の裁量の範囲内でOKでしょう。