アート本、美術本のおすすめを知りたい。 ・高校の美術の教科書のような、初心者にもわかりやすく楽しく読める ・写真がたくさん載っている

美術、芸術 | 本、雑誌22閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

好みの本が見つかりそうだったのでベストアンサーにしました! 他の方も全て参考にさせていただきます。ありがとうございました!

お礼日時:5/11 17:32

その他の回答(3件)

1

ご紹介します。 ❖「1日1ページで世界の名画がわかる365日の西洋美術」(三才ブックス) 365枚の絵画。1ページ1枚とシンプルな構成です。 ❖「一番親切な西洋美術史」池上英洋ほか(新星出版社) 歴史順に古いほうから解説したもの。見開き2ページに何枚かの絵画と部分図などを掲載して解説したもの。 ❖「100の傑作で読むギリシア神話の世界」(創元社) ギリシア神話をテーマに絵画と彫刻を解説したもの。見開き2ページに1作品。 ❖「絵を見る技術」秋田麻早子(朝日出版社) 絵画をどういった観点から見たらよいのか専門的な見地になって詳細に解説したもの。漠然と見ることから一歩進んで、細部にわたって観察したい方にはお薦め。 ❖『印象派で「近代」を読む』中野京子(NHK出版新書) 文章が主体。印象派について深く理解したいと思う方にお薦め。 ❖『「絶筆」で人間を読む』中野京子(NHK出版新書) 文章が主体。”画家は最後に何を描いたか”をテーマに解説したユニークな本。

1人がナイス!しています

1

美術の物語 エルンスト・H. ゴンブリッチ ファイドン 世界で一番読まれている教科書です。 一つ読めば良いと思います。

1人がナイス!しています

1

池上英洋ほか著『いちばん親切な 西洋美術史』(新星出版社) https://www.amazon.co.jp/dp/4405072280/ref=cm_sw_r_other_apa_glt_i_3SGSD30RXG5MNC8J7CK2 高階秀爾=監修『増補新装 カラー版 西洋美術史』(美術出版社) https://www.amazon.co.jp/dp/4568400643/ref=cm_sw_r_other_apa_glt_i_T8M4ETKMV0HDZ7T9GAHD?_encoding=UTF8&psc=1 書店でこの2冊を読み比べ、わかりやすさと親しみやすさで『いちばん親切な西洋美術史』のほうを選びました。 図版の数と情報量の多さでは『増補新装 カラー版 西洋美術史』のほうが上でしょうが、「初心者にもわかりやすく楽しく読める」のは『いちばん親切な……』のほうだと感じます。 日本美術史ならこちらでしょうか。 https://www.amazon.co.jp/dp/4568400651/ref=cm_sw_r_other_apa_glt_i_2VHR8K0C2RKTTQTSN1GR?_encoding=UTF8&psc=1

1人がナイス!しています