ID非公開

2021/5/12 16:12

66回答

自転車であっても飲酒運転で罰せられると聞いて驚きました。 補助輪付きでも、いっしょですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすい回答をありがとうございました。 きおつけます!

お礼日時:5/14 13:17

その他の回答(5件)

0

勿論、補助輪付きでも「酒酔い運転」なら罰せられる 飲酒運転には2種類有って、車やバイクは「酒気帯び」と「酒酔い」の両方ともアウトですが 自転車の場合は違い「酒気帯び」はセーフ、酒気帯びの罰条が「軽車両は除く」としているので ただ、「酒気帯び」はセーフでも事故を起こせば「酒酔い運転」にランクアップするので注意 過去に愛媛県の市の職員が自転車で酒酔い運転をして転倒、意識を失い、略式の裁判により罰金5万円に処された事もあるし、秋田県では50歳代の男性が自転車の酒酔いで罰金10万円に処された事も有る

0

罰せられるよ。 自転車も基本的には車両だから、酒酔いも飲酒も違反。 但し、飲酒は処罰規定はないのと慣習的に警察も目くじら立てて取り締まらない(暗に黙認)から飲酒レベルであれば、事故にでもならない限り問題はない。 一方、酒酔い(真っ直ぐ歩けない、ろれつが回らない)は軽車両の自転車も処罰の対象だから、自転車であっても車の免許が免停や免取りになる可能性がある。 この場合、免許を持っていなければ処罰されないので、同じ行為をしていても処罰の内容が違う問題がある。 また、なんで免許の必要のない自転車で、車などの免許が取り上げになるの?という疑問が残る。これは免許が運転などの行為に対してでなく、人物に対して付与される免許で、その人物が違反したためその人物に付与された免許にも影響があるようだ。

0

コロナ以前、マスコミでは高齢者の事故、自転車の事故が重大化していると取り上げていました。 十分理解されてていませんが、自転車も自動車同様、車両に分類されます。警察の取り締まりも厳しくなっています。