信号待ちで追突された被害者、10:0です。 車の修理代は40万円でした。 むち打ちで5ヶ月弱リハビリ通院、通院日数は45日

補足

ちなみに相手保険はJAです。 3ヶ月で治療費打ち切りの時も弁護士さんに延長交渉してもらいましたがダメでした。 整形外科の先生もJAはちょっと損保会社と違っって‥‥病院でも評判は悪いみたいです。 事故翌日もなかなか連絡来ず自分の損保会社の方が加害者に連絡したという経緯です。

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

予測です。通院実績がたりてない気がします。この程度でも弁護士さんは喜びます。日弁連の会費が月々何万もかかるそうです。因果な商売だと、いつも言ってますよ。あんなキツい仕事はあまり無いと思う。ストレス代行業のような感じがします。

0

弁護士を介入したことで自賠責保険基準は関係なくなりますが、通院期間と慰謝料は別、そんな交渉をする担当者もいるんだね。 まぁ弁護士の請求のまま支払うのがしゃくなんでしょう。

0

弁護士に確認して下さい。

治療費の支払い義務があるのは、治療を受けた本人です 相手側が治療費を支払って当然と思い込むことが間違っているだけです。 相手側は、あなたに与えた損害に対する

0

「治療費に関しては実費の分(5ヶ月弱分)払うけど慰謝料は3ヶ月しか払いません」は相手方が示談をまとめるために提示した譲歩案にすぎません。 「治療費の自費分(2か月分)は実際に被害者が治療先へ支払い済なので払わないと納得してもらえない」と考えて、こういう提案をしただけで、相手保険会社の処理とすれば治療費3か月分+3か月分の慰謝料+加算金(2か月分の治療費相当額)として処理するのでしょう。 実通院日数が45日と少ないことから、自費で支払った治療費はそんなに高額ではないと推察して、相手保険会社の担当の考え方を、上記のように予測しました。(違っているかもしれませんが…) 相手側としては、相手が納得しやすいような説明をして譲歩案を説明しただけであり、示談交渉ではよくあることです。

0

加害者側の見解としては、と言うことなんですが、あまりスジが良いとは言えませんね。 被害者さんも、当然、何で?と思いますよね。 治療費も慰謝料も払わない方がスジが通ってますよね。 たぶん自賠責の限度内なんで、自賠責の事前認定しないんですかね、弁護士から聞いてもらったらどうですか? 任意保険会社には、自賠責を下回る示談は許されないのですよ。