土地、家屋の相続の関係で、母名義の土地家屋の登記簿を確認していました。

補足

皆さま、回答ありがとうございます。 昨夜一人で登記簿を調べて、気になって夜もぐっすり眠れませんでした。 今朝、主人に聞いてみると「セットバックの分ではないか」とのこと。 確かにうちの家は4メートル以下の道路に面しています。 それも登記簿を作成した司法書士事務所に聞いてみたら分かるのでしょうか?

法律相談 | 不動産44閲覧

ベストアンサー

0

ウチも4軒並びですが、建売です。 もともと地主さんの牛舎が建っていた土地を住宅会社が買い取り4軒建てたらしいですが、家の前は幅4m程の道を作り全ての家の駐車場から出て通れるようになってます。 しかし、ウチの手前側半分は隣の所有者名義、向こう側半分は住宅会社名義にしてあります。 これは建売を買う時に住宅会社から説明を受けました。 真ん中2軒は道に隣接していないと家は建てられないからだそうです。 ご主人は説明を受けているはずですが、やはり先にも回答したように法務局で近隣の登記簿謄本を取得して確認してみたらいかがですか? 登記簿謄本は所有者ではなくても誰でも取得できますから。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。一度調べてみます。 他の皆様もありがとうございました!

お礼日時:5/18 14:24

その他の回答(3件)

0

貴方が見てる登記簿と言うのは、つい最近に取った登記簿謄本(全部事項証明書)のことでしょうか。そうじゃなければ話の前提が崩れます。 そもそも13年前でしかも宅地ならば正確と言っても良いですし、面積は貴方の家族や周辺隣地の人も立ち会って確認しています。

0

固定資産税は台帳課税主義です 校正の登記をすれば、その日付日以降は新たな地積で課税がされます その地図とやらは、隣接地全て立ち会いをして確定測量をしたのか疑問であることを申し添えます

0

登記簿面積と実測面積が異なるケースは多く、その場合「地積更正登記」を行うことが一般的だと思います。 しかし、質問内容だけを見る限り、「11平米」と面積が広く、その土地に「裏の家」が建築されていることから、その土地自体の所有権は母親なのかもしれません。 「裏の家」が誰の所有物かは知りませんが、その所有者が勝手に建築した、もしくは母親との土地の賃貸借、使用貸借関係にあった可能性もあります。 その「裏の家」が母親が購入した13年前以前からあるようですと、その前の土地の所有者とのなんらかの関係があったとも考えられます。 まず「裏の家」の所有者と、その「11平米」の土地の関係を調べたほうがよさそうです。

いえ、何の関係もありません。建て売り住宅で、他の二軒はそれぞれもう先に人がすんでいて、うちの家は当時まだ建設中で、最後に入りました。