ID非公開

2021/5/14 12:31

77回答

ボルトのネジ山の幅が約9.5mmでした。

DIY | 工学29閲覧

ベストアンサー

0
画像

その他の回答(6件)

0

ネジ山の幅と言っていますが、径の間違いではないですか? ねじ山の幅とうのは、ネジを長さ方向で見て、ネジ山の山から山の寸法で、一般には「ねじ山ピッチ」などと言います。 9.5ミリなどというなら、それはたぶん「ネジ径」の気がします。 ちなみに標準的なM10のピッチは1.5ミリだったりします。 (ピッチは径が同じでも種類があります) ピッチゲージという道具でピッチをはかります。 ダイスでは正確なサイズははかれません。 径は市販のミリネジなら、ほぼ呼び名の通りの寸法でできています。 M10なら、径は10ミリ~9.8ミリくらいです。 10ミリの穴に入るようにできていますし、そういう意味でもM10です。 M10といいながらそれよりネジ径が太い径のものは普通はありません。 ですが、ネジは規格品以外にも、機械部品としての特殊ネジとか、いろんな種類があって、なかなか難しいものです。 もし、お手持ちのネジ径が9.5ミリなら、M10でなく、3/8インチネジの可能性もありますし、小さめに作られたM10という可能性もあります。 もし、ネジ頭が6角なら、間違わない様にできていて、標準的M10は工具が17ミリですが、3/8は14ミリだったりします。

0

M10は最大で9.960 最小で9.770 とJISB0209で決められています ネジ山が低いですね

0

許容誤差に入っているか否かです。 M10の許容誤差から、 誤差が最も大きい最低品質なら9.53mm以上です。

1

メートルネジのM10と インチネジの3/8は非常に似ています。 ネジ山幅とネジピッチを調べないと痛い目に合います。

1人がナイス!しています

0

一般的に使用されるメートル規格のネジの呼び径は3、4、5、6、8、10、12といった感じで、そこから大きく外れるものはありませんから、切り上げとか切り捨てとか意識する場面というのはありません。