論破してください。 転売ヤーは何故ダメか。ダメ派の根拠が知りたいので、正論があるなら教えてください。

補足

問題点は山ほどあると思いますが、実際に数百万円規模の利益を上げている人もいるので、それを非常識や迷惑、行儀が悪いという理由で自粛させようなんて無理だと思います。従って、法規制や販売方法を見直して、それができないよう根本を変える必要があると思います。 私は転売はしませんが、やろうと思えばそれが出来、罰則もない現状では、それをする人が出てくるのは当然だと思います。 1億円の高級車が1万円で買えるならみんな買うと思います。維持ができないのですぐに売ることを前提としていても、ほとんどの人がそれをすると思います。違法でない形で大金が入るなら、それが普通だと思うんですよね。 それをする人にやめろと言うのではなく、したくても出来ないようにするにはどうすればいいか、という方向に声を挙げるべきだと思います。 質問内容は敢えて漠然とさせましたが、私は決して良い行いと思っていません。 でも、それをしている人を非難するのも違うと思っています。もっと大きな所に問題はあると思います。

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

転売ヤーは何故ダメか?理由は簡単。法律及び条例違反に当たるからです。 まず古物営業法違反に当たる可能性が高いです。 古物の定義から説明すると、古物とは「一度使用された物品」や「使用されない物品で使用のために取引されたもの」、または「これらの物品に幾分の手入れをしたもの」を指します(古物営業法第二条)。まぁ端的に言えば中古品のことです。ここで注意しなければいけないのが2つ目に挙げたを「使用されない物品で使用のために取引されたもの」です。市販のSwitchやマスクなどを購入した場合は例え本人がハナから転売するつもりでも「使用のために取引されたもの」という扱いになり、新品・未使用でも中古品として扱われます。 そして先に挙げた「古物」を転売する場合には法律が定める許可証が必要で、もしこれに違反し無許可転売を行い逮捕された場合は最大で「三年以下の懲役、又は百万円以下の罰金」が課せられます。 またチケットなどの転売は各都道府県の迷惑防止条例に抵触する場合が多く、これに違反すると6ヶ月以下の懲役、又は50万円以下の罰金刑に処せられます(静岡県の場合。ただ他の都道府県でも程度の差はあれ刑罰がある場合が多い)。またチケット不正転売禁止法にも違反している可能性もあり、この場合1年以下の懲役、又は100万円以下の罰金を課されます。 他にもサカナアクションのライブチケットを転売し月に2000万円以上売り上げた男性は、神戸地裁から詐欺罪に該当すると評価され有罪判決を受けました。 以上のように転売ヤーの多くは何かしらの法律に触れている可能性が高く、少なくとも法治国家である日本では「法律に背くこと=ダメなこと」と言えるでしょう。 それと余談ですが、転売ヤーがよく自らを正当化するために「安く買って高く売るのは市場原理だ」と言う人もいますが、既製品を買い占め何の加工も施さずにただ転売して価格を釣り上げるのは需要と供給のバランスが崩れた“市場の失敗”というやつで、経済においては基本的に避けるべき事柄です。

ただもちろんこの法律を遵守して行う転売に関しては「ダメなこと」とは断言できません。例えば古物営業許可を持っていれば迷惑防止条例やチケット不正転売禁止法に違反しない限りは合法とも言えます。 まぁただ先述した詐欺罪判決を受けた男性は「消費目的で購入すると偽って転売目的で商品を購入したこと」が詐欺罪として立件されているので、高額転売目的の買い占めは限りなく黒に近いグレーゾーンと言えるでしょうけどね。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

0

邪魔だからです。 人の邪魔になるような事をしたらダメって小学生とか幼稚園で学びませんでしたか?

この返信は削除されました

0

正論というより一意見でしかないんだけどね。 ものの値段はそれ相応の根拠で決められてるし、作った人間が考える適正価格で取引されるのが望ましい。 それを逸脱して、どうしてもその商品が欲しい人に対して不平等な搾取が発生したり、一番その商品を愛して必要としてる人の手に渡らないのは、作り手としては不快だろう。