回答受付が終了しました

ID非公開

2021/6/1 11:40

1616回答

MT車においてクラッチを踏まずにアクセルだけ踏んでも動きませんよね?

運転免許229閲覧

1人が共感しています

回答(16件)

0

半クラ(車がググッと前に行こうとする)状態にしてから、ブレーキからアクセルに切り替えて踏み込むます。 半クラをマスターすれば焦らずにゆっくり出来る様になります。 少し急勾配の坂道は素早くブレーキペダルからアクセルペダルに切り替えます(^^)

0

>MT車においてクラッチを踏まずにアクセルだけ踏んでも動きませんよね? ギヤを入れてなかったら動きませんね アクセルを踏まずに(エンジンの回転を上げずに)クラッチをつなぐと、エンジンの回転は下がります。 その程度が大きいとエンジンは止まります。いわゆる「エンスト」です。 このエンストをしないようにアクセルを踏むタイミングと加減、クラッチをつなぐタイミングと加減を合わせるのですが、タイミング的にはアクセルを先に踏みます。先に踏むと言ってもほぼ同時かコンマ何秒の差です。 アクセルの踏み込みが大きくクラッチが遅れると、ブワーンとエンジン回転が上がった割には前に進まないとか後ろに下がってしまいます。 逆にアクセルの踏み込みが小さくクラッチのつながりが多いとガクンガクンとなったりエンストします。 MT車の坂道発進は、ブレーキペダルを緩めた瞬間から後ろに下がり始めますから、慣れないうちはサイドブレーキで下がらないようにしたほうが良いです。 クラッチのつなぎ方は、平地での発進より半クラッチの状態(完全につなぐ一歩手前の状態)を若干長めに、そしてエンジンの回転が低すぎなければ前に進みます。

0

手厳しいことを言います。 >MT車において……………< この時点で、既に間違い。 ギアが入っていれば、クラッチを踏まずともアクセルを踏めば動きます。 発進の時の表現をしたいのでしょうが、認識を改めたほうが良いね。 >サイドブレーキを使わない小さな坂………………< サイドブレーキをかけるのが面倒だから。 上手くいかないから。 カッコつけたいから。 と言うのが真意だと思われますが、サイドブレーキ発進を舐めてはいけませんよ。 最大のメリットである「後ずさり防止動作」を自ら捨ててしまうことで、自ら「上級国民の仲間入りする」と、同じ意味になるということです。 初心者からそんなことを覚えれば、クラッチ板を焼き付かせて、僅か100㎞で寿命です。 それでもサイドブレーキを使わない方法で小さな坂の踏切発進をしたければ、サーキットを何回も走ってサーキット走行に必要なアクセルワークを覚え、路面勾配率を±1%で見抜ける力を養ってからにしましょう。 それまでは、サイドブレーキ発進を続けて下さい。

0

MT車において、クラッチを踏まない状態と言うのは、ニュートラルか、走行中か、エンスト中またはエンジン停止中に限られます。 平地の場合、ギアを選択していないニュートラルでは、エンジンの動力を車輪に伝える事はできませんので、どれだけアクセルを踏んでも動きません。 走行中であれば、加減速はアクセルワークで一定のコントロールができますので勿論動きます。 エンスト中、エンジン停止中は当たり前ですが、エンジンが動いていないので動きません。 小さい坂に限らず、ブレーキを離したら進んで行く下り坂を除き、発進自体は半クラッチにしてからアクセルを踏んでも、アクセルをある程度踏んでから半クラッチにしても動きはします。 理由はスマートストップ等の機能が発動していない限り、エンジンは回転しているからです。 とは言え、出力の小さい車だと、上り坂でアクセルを踏まずにクラッチだけ繋いでしまうと、エンストしてしまう可能性が高まります。 個人の好みはありますし、坂の程度にもよりますが、私は①アクセルを踏み込みつつ、②クラッチの踏み込みを徐々に弱めてミートさせて、少し進んでシフトアップというイメージです。 車のパワーと坂の程度と技術の熟練具合によっては、アクセルを踏まずに半クラッチにするだけ(急に繋げばエンストするので優しく繋いであげる必要があります)でもガタつかず進めるケースもありますが、上りの段差があるとエンストする可能性があるので、急に止まると危ない踏切等で、この方法をお勧めする理由はあまり無いように感じます。

0

アクセルを踏んで、適度なエンジン回転数になれば、クラッチ踏まなくても、ギアチェンジできます。