「硫黄島もう1人の」オリンピック選手、河石達吾に関する質問です。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二方、共にありがとうございます。 どちらかと考えると、ウロボロスさんの回答を推させて頂きたく。 ふと夢想するに、ロバにまたがり気侭に釣糸を垂れに行くが如く、ポンコツ機を駆り彼方此方の海に泳ぎに。 さらば瀬戸内海、自由と放埒の日々よ…なんて。

お礼日時:6/8 10:45

その他の回答(1件)

0

色々と検索しましたが ズバリ何の機体かはたどり着きませんでしたが、海軍から貰って 母校の小学校に寄付した後 子供が登って遊んだりしたけど 先の大戦勃発後 海軍に返納したそうです。 推測ですが、大正15年から使われ100機程作られた「13式水上練習機」だと思います。 理由としては 後続の90式水上初歩練習機が 昭和8年5月に採用後 生産が進んだ後 昭和10年頃に 多数が民間に払い下げられたとの事で 贈呈するのには手頃ではないかと思ったからです。