現在裁判中です。知人に1000万貸したのですが(借用書あり)返してもらえなかった為に裁判になり相手側も認めています。

法律相談42閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ご親切にありがとうございますm(_ _)m 記載忘れましたが、相手側の和解案は月返金3万のトータル300万にしてもらえないかと。。300万にする理由がないのでそれは拒否したのですが 仮に月3万の返金を了承したとしても 弁護士いわく、このような輩は最初のうちは表面上、数ヶ月3万返金しても、そのうち払いたい気持ちはあるがお金がないと適当なことを言うだろうと。。 そうなった場合、また訴訟したりとなるとのことで今回出来る限りのことをしたいと思いました。贈与の件は知りませんでした。ありがとうございます!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

弁護士に贈与の質問をしてみましたが借用書もあるし、全く別の話しになる(そもそも贈与ではない)とのことで当たり前ですが却下されました。。 1番最初に回答下さったので選ばせて頂きました。ありがとうございます。

お礼日時:6/15 1:24

その他の回答(2件)

0

>相手は確定申告書をも適切に行っていないような人間です。 国税庁では、従来から、一般の皆様より、課税漏れ及び徴収漏れに関する情報を受け付けています。 具体的な情報をお持ちの方は、情報提供フォームに入力の上、国税庁までお寄せください。 (国税庁ホームページのほか、国税局や税務署においても面接又は電話・郵送にて、情報を受け付けています。) 皆様のお名前などの個人情報や提供いただいた情報内容は、外部に漏らすことはありません(国税職員には厳格な守秘義務が課されています。)。また、セキュリティには万全を期しております。 なお、税務行政に関する一般的なご意見・ご要望は、お手数ですが、「ご意見・ご要望」からお寄せ下さい。 また、電子メールによる税務相談は、詳細な事情をお聴きする必要があるなどの性質上、行っておりません。お手数ですが最寄りの税務署(国税局・税務署を調べる)まで電話でご連絡いただくか、簡易な質問はタックスアンサー(よくある税の質問)をご利用ください。 https://www.nta.go.jp/suggestion/johoteikyo/input_form.html