ID非公開

2021/6/4 14:09

66回答

算数・数学の質問です。

算数 | 数学24閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

xがyの11倍なのだから、比の意味が分かっていれば、何も考えなくてもできますけど。

0

比は内側同士・外側同士を掛け算すると同じになる事をご存知ですか? 例えば、2:3とイコールになる比を用意します。 4倍した8:12とします。 この場合、比率は同じなので 2:3=8:12 となります。 また、説明のとおり 2:3=(8×4):(12×4) とも表せますね。 この内側同士、外側同士を掛け算します。 3×(8×4)=2×(12×4) 96=96 となります。 文字で表すと、 a:b=4a:4b 4ab=4ab なので、どの場合でも同じという公式が導き出せます。 今回は 1×X=11×Y なので、逆に考えると X:Y=1:11 となります。

0

「X=11Y」を見て、XとYにどういう関係があるだろうか...と想像してみましょう。 「XはYを11倍したもの」ということを読み取ることができます。 たとえば Y=2 なら X=22 です。 こう言われてみると X:Y = 11:1 なのもわかるのではないでしょうか? 式の意味を考えてみます。 実は「:」は「÷」と本質的には同じだと言えます。記号を見ると真ん中の横線があるかどうかという違いですね。(実はドイツやフランスでは「:」が割り算を表す記号として使われます。)比は、本質的には割り算と同じです。 X=11Y の両辺をYで割る(ただしY≠0のときに限る)と X÷Y=11 となります。 左辺を 11÷1 と書き直し、記号を変えてみると X:Y=11:1 と書くことができますね。