フレディマーキュリーはゲイでは

1人が共感しています

ベストアンサー

6
画像

6人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

才能ある方が早くに亡くなることが、以前から とても残念に思っていまして、フレディマーキュリーは 亡くなるまで最愛のパートナーと一緒だった事が 心から良かったねと思えました^_^ 百聞は一見にしかずで決めさせていただきましたが 回答くださったみなさんに心からお礼を申し上げます ありがとうございました

お礼日時:6/9 1:03

その他の回答(10件)

2

フレディはゲイですよ。 ただ生涯、公共の場では認めませんでしたが。 メアリーへの愛は本物で、彼女のことは本当に愛していました。 心の支え、人生を共に歩むパートナーとしてですが。 ただ身体は男性を求めてしまったのです。 フレディは気分屋なところもあり、指輪のことはあの後うやむやになってしまったみたいです。 ただ死後の財産の多くはフレディの意思でメアリーに渡したそうなので、生涯彼女を心から愛していたことに変わりはないと思います。

2人がナイス!しています

3

指輪を渡した時には彼女(メアリー)を恋人として愛していると思っていたのですが、そのあとで二人の関係が変わってゆき、フレディが彼女に「僕はバイだ。」と告白する場面があります。 でも、すでに真実を見抜いていた彼女から「あなたはゲイよ。」と言い返されてしまいます。 ゲイの人たちの中には、はじめからは自分がゲイだとは気づかない人も多いですすよ。世間は、男の子は女の子を好きになるものだという常識で回っていますから、自分も一応はその中でやってゆくわけです。 フレディの場合も、メアリーに対して抱いたのは、同性の友人に対するような強い友情だったのですが、フレディは男でメアリーは女だったので、当然異性に対する恋愛感情であると思い込んでしまったわけです。

3人がナイス!しています

7

ガチゲイというかバイ寄りのゲイですね。バンド名までクイーンですから。現役当時から有名だったし、敢えてカミングアウトするまでも無い世界認定のゲイの一人です。典型的な親日バンドながら、BIG IN JAPANに陥らず、世界規模で売れました。日本向けに日本語で歌ったシングルを出すくらい日本好きで、来日時に必ず行く2丁目の行きつけのバーもありましたが、売り出し当時の日本でアイドル的人気が出てしまい、インテリ好青年バンドのイメージで売っていたので、後に来日ツアー時の少年少女との乱れた性が週刊誌で取り沙汰された時に一気に醒めた少女ファンも多かったようです。

7人がナイス!しています