昭和時代の歌謡曲について。恋愛ソングで、片想いや失恋などを題材にしていた場合。現代ではストーカー行為的な怖い内容だったのでしょうか?

邦楽 | 国内45閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答に感謝いたします。くれぐれもお身体にご自愛くださいませ。素晴らしいご回答ありがとうございました。

お礼日時:8/1 7:51

その他の回答(3件)

1

こんにちは。 そのとおりだと思います。 日本だけではなくて、洋楽もそうでしたね、 日本でも有名なpoliceの「Every Breath You Take」なんかは訳すと歌詞はストーカーそのものです。 日本だと『待つ』をキーワードのヒット曲が数多くある他、中島みゆきさんの「うらみ・ます」もまたタイトルを裏切らないズバリの歌詞です。

1人がナイス!しています

2

昭和は芸能人や作家などの有名人の自宅住所が 普通に雑誌などに載っているくらい 個人情報保護の意識は皆無な時代ですから、 現代とは色んなところで常識がズレています。 現代ならストーカーと呼ばれる行為も 昭和だと強い情熱の表れみたいに解釈されて、 狂気じみてはいるものの犯罪的ですらなく 「有り」の範疇だったと思います。

2人がナイス!しています

1

そういう曲もありました。 すべてではないです。 「あなたなんか忘れてやる」 「もっといい男を探すよ」 「今よりもっといい女になって別れたことを後悔させてやる」 という感じの歌もたくさんありましたよ。

1人がナイス!しています