センターラインについてです。 白色の実線は「はみ出してはならない」ですが、黄色実線は「追い越しの為にはみ出してはならない」です。

交通、運転マナー | 運転免許98閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(6件)

1

私は、あまり難しく考えておらず、 白い実線=車線変更、反対車線に出ての追い越し、ともに可能 黄色い実線=車線変更、はみ出し(当然追い越し含む)禁止 としか覚えていません。 少なくとも、上記を守っていれば違反になりませんからね(苦笑)

1人がナイス!しています

2

白色の実線は「はみ出してはならない」ではなく、「はみ出してはならないことを特に示す必要がある道路に設ける場合」です。 どこが違うのかというと、「はみ出してはならない」なら、その線がなければはみ出しても良いことになります。 「はみ出してはならないことを特に示す」なら、もともと線があろうとなかろうとはみ出してはならないのだが、それを忘れる人がいたらいけないのでそういう道路で「特に示す」のです。これを「指示標示」と言います。 黄色実線は「追い越しの為にはみ出してはならない」ですが、その線自体が禁止の意味を持っていて、その線がなければはみ出しても良いわけです。これを「規制標示」と言います。 次に、「道路工事等ではみ出さなければ通行できない場合は、どちらもはみ出して通行できます。」はその通りですが、追越しのためのはみ出しに関しては意味が違います。 黄色線なら何を考えることもなく追越しのためのはみ出しは禁止です。 しかし白実線は、「特に示す」だけですから、それ自体に追越しのためのはみ出しを禁止する意味はありません。 だから、道路の左側が幅6メートル未満なら、追越しのためのはみ出しもできます。 要するに、右側にはみ出してはいけないと言うのは大原則です。 この道路ではその原則を特に示す必要があるという場合に、白実線が引かれると言うことです。 当然、「道路工事等ではみ出さなければ通行できない場合」でも、片側6メートル未満なら「追越しのため」でも、例外としてはみ出しが認められると言うことです。

画像

2人がナイス!しています

私も以前は、白実線は片側6メートル以上の道路に引かれる「はずだ」と思ってました。しかし、実際には上の写真のように明らかに6メートル未満の道路にも引かれています。 これでは、道路工事だけでなく、駐車車両を避けるためでもはみ出さざるを得ないですね。逆に、はみ出して良いのははみ出さざるを得ない場合だけです。道路幅に余裕があるのなら白実線でなくてもはみ出してはいけません。 要するに、障害物を避けるためにはみ出す場合には線の色や種類は関係ないのです。 追越しのためのはみ出しは、片側6メートル以上か、黄色線の場合が禁止です。白実線は関係ありません。片側6メートル以上で白実線なら、もちろん禁止です。

1

https://kuruma-news.jp/post/181836 これによれば、白線は基本的に道幅6m以上の道路に引かれており 白破線や黄色実線は6m未満の道路に引かれています ですので、白実線の場合は路肩に停車中の車が居たとしても 道幅に余裕があるので白線をまたぐ事は許されず 道路工事等で白線を跨がないと通行出来ないと言った 例外を除き、はみ出し行為その物を禁止しているのに対し 黄色線の場合は、対向車が来ておらず、安全が確認出来れば 障害物等を避けるために黄色線をはみ出しても良いと言う解釈です ですので、白線も黄色線も先行車を追い越すのに、線を超えるのが 禁止と言うのは共通で、違うとすれば、障害物を避ける際にも 白線は超えてはならないが、黄色線の場合は 対向車に注意してはみ出す事は可能であり 特別な例外規定がない限りは、一切のはみ出しを禁止しているのが 白線と言う意味だと思います あと、交差点でも白線と黄色線に違いが有り 複数レーンの交差点場合の30m手前辺りからは、破線ではなく 実線になっていますが、これが白線の場合、進路変更は可能ですが 黄色線の場合は車線変更出来ません 良くありがちな例として、交差点で複数レーンが存在する場合 右二つのレーンが右折専用レーンだったって事は良くある話 直進するつもりで気付かずに右折レーンに入ってしまった場合 それが白線であれば、左に進路変更をして 直進レーンに戻る事は可能ですが 黄色線でそれをやると違反になります

1人がナイス!しています

0

道路の幅によって変わっています。 白実線は片側が幅6メートル以上あるので追い越しのためのはみ出し禁止です。 つまり、わざわざ右にはみ出さなくても追い越せるよね?という意味です。 (実際は車線のど真ん中を走るアンポンタンのせいで塞がれることも多々あるのですが……) 黄実線は6メートル未満道路でのはみ出しての追い越し禁止ですね。 事実上、四輪車同士の追い越しを禁止する効果があります。

0

例えばですが、、、 バスが乗降のために停車しています。 黄色い中央線の場合は、中央線をはみ出してバスの前に出ても大丈夫です。 同じ状況で白の実線中央線の場合は、はみ出さずにバスの前へ出なければなりません。 はみ出してしまう場合は、バスが発進するのを待たなければなりません。 分けられているのは道路の道幅の違いですね。