回答受付が終了しました

4号機のジャグラーってあんまり人気無かった感じでしたが甘いですか? マイジャグラの6とならどちらが出ますか?

回答(9件)

0

爆裂AT機全盛の頃までは若いやつはほとんど打ってなかったから、かなり甘かったはず。 若いやつや専業が多く打つようになったのは4.5号機以降かな。 自分もその頃にようやく甘い台と気づいて打ち始めた。 PAYはもちろん4号機ジャグの方が上。 フル攻略で設定6で115,6%、1でもほぼチャラだった。 そしてこの台は設定判別はできないけど、設定変更判別が効いたので据え置き狙いで当時はかなり美味しい思いをさせてもらった。

0

私がスロットを始めた4号機時代は、まさにAT機全盛期で、時点でストック機という時代でした。 よって、当時は時給の悪い(と感じていた)Aタイプのジャグラーは、もっぱら年輩者専用という感じで、当時の私は全く興味が無かったです。 しかし、一発さえツモれば設定差が関係ないようなATやストック機に比べると、設定を見極め、時間をかけてじわじわコインを増やしていくというAタイプに魅力を感じています。 今や、BIGでも250枚ほどというさみしい感じになっていますが、突然訪れる「ガコっ!」が沢山見れるというジャグラー最大の魅力が多く味わえるので、最近はジャグラー1本です。

1

非常に甘かったですね。ホールも他の台でいくらでも回収できるからジャグラーにも当たり前のように高設定が入っており、負けた記憶がほぼ無いです。また、他の台で負けた分を取り返したり、この台で少し出玉を作ってから他の台に勝負したりしていました。 4.5号機が主流だった頃は1時間で3000枚以上出るようなAT機やST機が面白過ぎて花火百景や不二子2のようなA600タイプ以外はほとんど人気が無かったです。 自分はGOGOジャグラーをよく打っていましたが、ハサミ打ちすればベルテンパイもフォロー出来るので今のように逆押しで面倒なことをしなくてもブン回せていました。 リプレイ外しもやっていましたが、やっても20枚前後しか変化がないので周りでやっている人はほぼいなかったですね。下段リプテンパイは外せない仕様だったと思いますし…。 5号機マイジャグの設定6と4号機のどちらが良いのかというよりも、当時は上に書いたような理由で設定6でも平気で捨ててあったというのが当たり前でした。

1人がナイス!しています

0

店によりますが、近隣店ではあからさまなぼったくり店以外はどこでも人気ありましたし、すごく甘かったです。 同じ6ならフル攻略でたしか機械割116%くらいだったような。全6やってた店で夕方に全台出玉勝ち盛り3箱超えってのを見て自分も認識を改めました。 自身では負けた記憶が思い出せないくらい勝率が高かったような。

0

間違いなく4号機のジャグラーシリーズ 6なら5K枚出ても当たり前でしたよ 当時はスロプーしてましたがイベント日にはライバルが少ないこと、変更がわかりやすい(小役高確率状態から始まる)ことからニューパルとともに狙ってましたよ 5号機以降はおもちゃみたいなものです