市建築指導課は境界線上の土留ブロック塀の繰り返しの質問で大変お世話になります。

画像

土地 | 法律相談28閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

この返信は削除されました

その他の回答(2件)

1

大変ですね。 建築指導課は、私人間の境界争いには介入しないです。 また、質問者様よお隣さんの覚書は債権債務関係ですね。 第三者には対抗できないです。 第三者に対抗できない以上、文字通り建築指導課とは関係ないですね。 物権なら、第三者に対抗できますが、物権は法定主義です。 質問者様とお隣さんと合意しても、物権に合せないといけないですし、登記しないといけないです。

1人がナイス!しています

この返信は削除されました

1

☆、何れの都道府県建築確認の受付窓口は、建築士設計者と建築主 の連名で、表紙に記載事項に相違がないとする申請の様式ですよ。 建築基準法第19条や都道府県の建築崖条令とに違法でないと申請し ているのです。違法であれば、設計者や建築外構の請負者なのです。 現地は工事中間検査の指定地以外は、工事完了検査の際となります。 質問の状態の確認を県庁建築指導係の窓口での相談をお勧めします。

1人がナイス!しています