夏の暑い季節に植物の枝や葉っぱの剪定(せんてい)をするのは正しいですか? 私の実家では60代の両親が2人暮らしをしています。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

夏も秋もダメという事は春に剪定したほうが良いですね。 本当は両親は植物はいらないようなのですが、全て伐採すると景色が殺風景になるし、亡くなった祖父母が大切にしていた植物なので伐採は出来ないと考えているようです。

お礼日時:6/18 13:50

その他の回答(3件)

0

●植物の名前を知ることが木への礼儀 「ヒバ 剪定時期」という感じでググって見てください ●夏の剪定は帽子をとるようなもの 炎天下の中に立っている人の帽子をとってさらに髪の毛を刈り込むことを想像してみてください。やられた人は日差しできついと思います。植物も生き物です。個人的には夏には剪定しません。 ●剪定の目的は人それぞれ 木を小さく維持したい、通路確保、建物にぶつかるのを防ぐ、木どうしがぶつかるのを防ぐ、といったものから美しくしたいという人間の都合で剪定することもあります。個人的には目的がなければ剪定しません。 ●安全第一 個人的には暑さや虫が苦手なので蚊が減る時期に剪定します。 私は植物に詳しくないのでBA不要

0

今の時期に剪定しないと色んな虫が大繁殖します。 特に梅雨前後は湿気が凄いのでその前に風通し良くしておかないと凄いことになりますよ。秋に切ってもまた春には伸びてますから足りません。 うちも一時期切らなかった年があるんですが、真夏にハチが何種類もブンブン大繁殖しても、木を剪定してないから蜂の巣がどこにあるのかも見つけられなかったことがあります。 ただうちの両親の話を聞いてると、お盆前は綺麗にしてという考えが大きいように思います。特に田舎はお盆前にご近所さんも皆綺麗にしてますし、周りの目が痛いんで放置って訳にはいかないです。 秋になって涼しくなってくると虫もいないんで切らなくても被害はありません。

0

暑い時期は避けるべきですね。 陽射しから幹を守るために葉っぱがるので 暑い時期、また寒い時期も剪定はNGとなります。 ついでの花木の場合は 剪定に適期があります。 適期外の剪定は花が咲かない原因になります。 常緑樹はたいてい花後すぐになりますね。