ID非公開

2021/6/12 19:17

88回答

下半身の使い方、体重移動のイメージがよくわらからずベタ足で打っています。

ゴルフ49閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/13 19:22

ありがとうございます。その場合は下半身の左右への動きはどんな感じになりますか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、ありがとうございました

お礼日時:6/17 20:56

その他の回答(7件)

0

体重移動を意識すると、結局左右へのスウェーの原因になるので べた足を推奨する人もいるようです 何が原因で何を目標にしたいか明確にしないと べた足ドリルも巷のレッスンのように 「俺の言う通りやっとけ!」ってのと同じになってしまいます 私は、回転軸を感じて回転できるようになることと 腰を回すための膝の使い方を覚えるために 両足閉じてスイングすることをお勧めします 「その場で回る」イメージです 出来れば、短い番手は「片手打ち」から始めると ミート率も改善されます 両手で構えてから右手外して左手1本で打ちます 腰から腰・肩から肩が出来るようになりましょう 最初は素振りを30分ほど手順を踏まえてやり切りましょう 素振りなので家でできます その左手に右手を添えるだけのアプローチを完成させましょう もちろん回転は膝を使って、背骨を意識して その場で回転します 体重移動は・・・腕が移動した分だけ動いていますから 今はそれで十分だと考えましょう

ID非公開

質問者2021/6/13 19:23

ありがとうございます。体重移動は膝が動いただけ、だからスウェーしないと言うことですか?

1

ゴルフのスイングはバックとダウンは動く順番が逆に成り、順番を間違え なければダウンは左サイドの動きに連動して下りて来ますが、切り返しの メカニズムは人の本能なので、初心者ならゴルフ理論で頭デッカチに成る 前にショートアイアンのハーフスイングでアドレスに戻さない連続素振り 沢山して、切り返しのメカニズムを筋肉に暗記させると良いと思います。 実際にクラブを投げるドリルもありますが、キャッチボール出来る人なら サイドスローのピッチィングのイメージで、ヘッドの重さを目標にリリース させると、下半身は自然に動くと思います。 ボール意識よりヘッドの重さを目標にリリースして、リリースする迄アゴ❗️ を右膝の後ろにキープすると下半身は止まる事も無く、アドレス時の前傾 角度も維持出来るので、ミート率は上がり持ち球❗️が出ると思います。 ドライバーのグリップエンドを左手の平で掴んだら、シャフトを真っ直ぐ 立ててゴルフの前傾姿勢を取り、伸ばした左腕の下から右手に持った ボールを目標にリリースして、左手のクラブを添えて鏡を見ると下半身を 使ったゴルフのフォローの形に成ります。

1人がナイス!しています

引っ掛けボールが出ないベタ足なら問題有りませんが 持ち球がドローか?下半身リードのベタ足は股関節が 柔らかく無いと難しいと思います。