ID非公開

2021/6/13 10:22

99回答

原発はCO2の削減に効果的だと中学校の社会科の授業で習いました、事実欧州では火力発電所から原子力発電所に切り替えています。

補足

結局原発のCO2削減は嘘だと言っている人達は理由を説明してくれないのでやはり原発はCO2削減するのでしょうか?

原子力79閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:6/16 18:09

その他の回答(8件)

0

中学校のしかも社会科なんぞで原発は教えない。先生が持論を言うたのならデマ垂れ流しとして職務不適格で首になるべきことだ。 世界の全一次エネルギーのほとんどは化石燃料が賄っている。これまでの原発電気エネルギーはその中のほんの数%~5%以下に過ぎない。 原発を今のペースで使い続けウランを消費し続ければ、100年以内に枯渇する。 一方原発電気ですべてのエネルギーを賄うには、最低でも今の20倍のウランを消費する。すなわち5年以内にウランは無くなる。 ゆえに欧米は10年前から脱原発路線だ。原発を増やしているのは、中国ロシアインドなど非人権国家だけで、軍事的思惑ゆえだ。だがそれらの国でさえ、全エネルギー消費量に比べて原発なんぞはごくごく微量なものでしかなく、再生可能エネを一大普及させるのに躍起になっている。 すなわち中学校で教えたなどと言うのは真っ赤なウソ八百である。

以上の回答は中学生ならすぐわかり、小学生の算数でもわかることだ。どこがわかりずらいのか。都合が悪けりゃ削除しまくるのは極ウヨウヨの典型カルト教団だな。

1

中学校の社会科の授業でそのように習ったのが何年前のことか知りませんが、近年において国内の原発の稼働率は著しく低いです。 個々の原発が稼働できない問題を抱えているだけであって、原子力を利用した発電方法であることが問題となって稼働できないわけではないかもしれません。 だとしても、わざわざ巨費を投じて作っておきながら稼働しないのは、そのほうが経済的負担が少なく見込めるからでしょう。長い目で見た場合にはあまり動かしたくない設備だということが稼働実績からわかります。 一方で、短期であれば誤魔化してでも動かしたい欲望が電力会社側にあることが、事故隠しや検査漏れの多さからわかります。 当然のことながら、原理的にCO2の削減効果が期待できるとしても、それは原発が安定的に稼働できてこそです。設計して建設しただけで削減目標到達が見込めるものではありません。 原発を安定稼働させることは、種々の温暖化対策に取り組むよりも大きなチャレンジになってしまうのです。にもかかわらず温暖化対策として有力候補であるように位置づければ、嘘くさい話になって当然ですね。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/14 22:46

結局、原子力発電所はCO2削減するで良いのでしょうか?

0

<<原発はCO2の削減に効果的だと中学校の社会科の授業で習いました>>・・・・それは事実ではありません。 火力発電、原子力発電では「熱エネルギー」を「電気エネルギー」に変換します。この熱エネルギーを発生させるときの原料がCO2発生源です。ウランは核分裂の熱ですからCO2は発生しません。 この部分だけを見れば原発はCO2削減に有効と言えます。 しかし、実際の発電事業では、日々刻々変化する電力需要に対応するため、「出力調整可能な電源」でなければ使いにくいのです。 ところが、原子力発電は「出力調整」をしません。危険だからです。 そのため、原発を持つ電力会社は「石炭火力発電所」など出力調整の出来る発電所を並行的に運転しなければならないのです。 つまり、一年間で最も電気の使われない時間の「最小電力量」しか原発は 「発電」出来ないのです。その時ですら、原発停止に備えた火力発電所の並行運転が必要なのです。 原発の「定期点検」のことは他の方が回答していますので割愛しますが、原発は地震で停止します。そのための「代替」も常時用意されていなくてはならないのです。 原発が沢山稼働していた1980年~2010年の日本のCO2排出量を調べて見てください。原発がほとんど動いていない2018年~2020年のほうがCO2排出量は少ないのです。原発が動かない分を「太陽光発電」などの再エネが賄っているからです。

ID非公開

質問者2021/6/14 17:22

結局、100%の火力発電所より火力発電所と原子力発電所を併用した方が削減出来る訳ですよね。

0

日本では、原発は(法律で定められて)13ヶ月毎に3ヶ月の点検を行います。この3ヶ月間は火力発電が必ずバックアップします。要するに、原発は16ヶ月運転中3ヶ月はCO2を放出するのです。原発の一生40年間の内、7.5年間はCO2を出しているのです。この運転プロセスからして、原発のCO2削減は嘘なのです。 更に、原発では発生するエネルギーの2/3は排温水として海に放出します。普通の河川では5本分の量となり、+7℃で排水します。地球温暖化の原因となっています。原発は決して地球に優しくはないのです。

ID非公開

質問者2021/6/13 23:58

つまり火力発電所の40年分が原子力発電所だと7.5年分に削減される訳ですか?