ショアジギング用タックルで質問です。

釣り65閲覧

ベストアンサー

0

やっぱり大体そのような理由なんですかね〜 しかし実釣で比べることなく大抵の人はロッドを選んでいると思います。大手は万人受け、他メーカーはそれぞれ違う個性があり、コンセプトがある。と言うイメージがありそれに伴い購入していると思います。しかし大手メーカーにもハイエンドになるとコンセプトがあり、実釣で振り比べたら大手の方が良かったみたいなことはないかなと思いまして… 要するにみなさんイメージで竿選びの段階で大手を除外しますが、実は使ってみると大手はかなり良く他メーカーより優れていると言うことはないのかなと思って質問しました!

その他の回答(4件)

0

本人が良いと思っているから使っています。 ライトな釣りになると、初心者など一般的な方が多くなります。 当然マイナーなメーカーも人気がありますが、生産量も少なく、ほぼ在庫はありません。わかる人しか買いません。 これが大型魚を狙うくらいのレベルになれば、ロッドの違いもよくわかっている上級者に近い方々が必然的に増えます。 そういった方々が選択されているのだから、良いからに決まってます。 大手メーカーなど、TVでガンガン使って貰って多額の宣伝費をかけて売っている大手は宣伝費もかかるのと、万人受けする仕様でしか出せない事情もあります。

1

特に性能が良いわけではなくて味付けの問題だと思いますよ。皆さんの好みの問題ですね。

1人がナイス!しています

0

大物用リールがシマノとDAIWAが培った歴史と実績があるので 竿は純国産のH以上の硬さで上級者が使う竿だとMCワークス、ヤマガブランクスに人気が集まってますね 初心者、中級者はシマノ、DAIWA、メジャークラフトが人気が高いですかね 竿メーカーは自社工場がありますがリールに関しては手探り状態でがんばってるイメージがありますね シマノ、DAIWAはSWに特化してますので安定と人気が一番ですかね?

0

XHクラスのロッドに合うのは大型なSW用リールですよね。 それで制作してるメーカーはシマノとダイワだけなので必然的にリールはこの2社のものになります。 一方ロッドはメーカーが多く自社釜を持っていたりして日本製が多苦なるのも理由の一つだと思います。 またシマノやダイワのように大きなメーカーではないのでマニアック的なロッドがあったりするのも理由でしょうね。