小学校のテストで答えは合ってるのに 数字や記号の書き方とか字の汚さや細部の間違いで 減点する教師がいますが何故なのでしょうか?

補足

私は人の親ではないですが ま、人の子ではありますが(笑) 字の汚さは別にしても 例えばですが数字の0と記号の○ 形もきちんと書かれてて判別できるのに 書き出しと回転方向が違うから減点、とか ひらがなのはねる所がはねてない、なんていう 誰も気にしない教師ですら書けてない そんなレベルで正解なのに減点なんて 無駄だし子供のやる気を無闇に無くさせます こんな減点に意味は無いし 教師自身にも無駄な労力です

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

おっしゃる通り 文字の書き方なんてのは国語や書道 もしくは、その他の書類なんかの時に指導すべきで 他の学科のテストで書き方をどうこう言う あまつさえ答えが合ってるのに減点なんて とんでもないですよね ご回答ありがとうございました<(_ _)>

お礼日時:6/22 13:41

その他の回答(11件)

1

点数引くかどうかは置いておいて… 小学校は基本を教える場所。将来人前で、零を書く機会があったときに、下から書いていたら、得することはなくても、教養がない人ねと見られ損する可能性はあります。 また、低学年で漢字の学習するときに、接筆を意識することで細部まで見ようとする気をつけようとする能力が身に付きます。四年生で新潟の潟の字を習います。四年生には難しい字形ですが、細部にこだわってきた子は正確に書けます。 細かいことが次の段階につながっていると考えています。 そして、大人になってくにつれ、ここは自分はこだわらなくていいかなと判断していくのだと思います。判断力が未熟な子どものうちは、細かく正しいことを教え、そのうち自分でやりやすく変えていくのが良いかと思います。 大人になって字が汚いとか… 損しかしないと思います。別に死ぬわけでは無いから拘らないって選択をする方もいると思いますが。それはそれで、いいと思います。

1人がナイス!しています

1

将来的に,高校入試や大学入試をすることを考えてのことだと思います。 それらの記述式の入試では,採点者が読めないものは得点になりません。 だから,小さい時から字を汚く書いてあり採点者が読めない場合は得点にならないということをやらせているのです。

1人がナイス!しています

5

厳しいけど、いい先生だと私は思うけど… 子供が大きくなったとき、「○○先生は数字や記号が汚かったら、すぐ✕されたよなぁ」と友達同士の共通の話のネタになることでしょう。 子供がやる気をなくすのは、近しい大人が子供に上手に諭すことができないからでしょう。子供が納得するように上手に諭すことが出来たら、子供のやる気はなくならないと思いますが…

5人がナイス!しています

0

現時点では問題無くても、将来的に困る可能性があるからですね。 くもんで○つけの手伝いをたまにするのですが、本人だけ読める子がたまにいます。0と6どっちだ?となった時、正解は分かるので○にすることはできます。(やる気をそぐので、基本は○にして上から書き直しや、キレイに書こうねと言います) ただ、これは私と生徒の間だけのこと。いざ受験する時は×になります。 長い数式の時は、自分の文字を自分が読み違えて、答えを間違うこともよくあります。こうした経験から、キッチリキレイに書こうねという教師が生まれます。 ちなみに補足の、ひらがな留めはねは現在は○にすべきとなっていますが、未だ認めない先生もいますね。

2

神は細部に宿る。 それを教えるのも含めて初等教育です。

2人がナイス!しています