すごい発見をしました。 今、宇宙は膨張してます。時間の経過とともに、どんどん膨張しています。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そうなんですね。ありがとうございました!

お礼日時:6/16 13:20

その他の回答(5件)

0

宇宙の巻き戻し「ビッグ・クランチ」とは、ビッグバンの「逆バージョン」と言うことが出来ます。 ビッグバンが膨張し伸び広がっていくモノならば、ビッグクランチは収縮し縮んでいくモノです。 宇宙全体に存在する質量(エネルギー)がある数値よりも大きくなると、自らの重力で、膨張から収縮に動きが反転します。 そして、宇宙は存在する恒星や銀河の全てを巻き込んで、時空もろとも無次元の特異点にまで収束するのです。 もちろん、その時点で地球も崩壊してしまうでしょうが、一方で、ビッグクランチは「宇宙の終わりではなく、新たな始まりである」と主張する研究者もいます。 つまり、ある特異点まで縮んだ後、またそこから新しいビッグバンが起こって宇宙が膨張を始めるのです。こうしてビッグバンとビッグクランチが交互に続くことで、宇宙は永遠に存在することができるというわけですね。 しかし、これほど劇的な宇宙の変化が起きるには膨大な時間がかかるので、ビッグクランチが起こるまでに人類が生きながらえているかどうかは分かりません。 因みに、ビッグクランチ理論を提唱した天文学者は、ノーベル賞を受賞していません。

1

それは説明の仕方でノーベル賞級です。 例えば私も同じように考えているので載せてみます。 但し時間が逆戻りする事はありません。 この違いがあなたの思いとで差があります。 時間は私は物質が変化する状態に見てます。 私が回答した宇宙を載せてみます。 今の科学の宇宙観を否定しているので、理由の説明の為に長くなっています。 あなたの説明は余りにも短過ぎますね。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14228566269 なお銀河の中心ですが、私は今そこは空間だけになっている理由を上で説明しました。 元々塊であった銀河の回転の内に、恒星全体がこの中心を軸にして公転していたのです。 中心も例外ではなくて公転していたので、最終的に今の天の川銀河の中心で空洞になっていても、そこにあった恒星が回っていても不思議ではない事になります。 こういう事で天の川銀河の中心で回っている恒星は、ブラックホールの周りを回っているのでなくて、全く逆の存在の空洞を回っている理由になるのです。

1人がナイス!しています