僕は君とは寝ないけど、それは君に魅力がないということではないからね。

小説 | 文学、古典28閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

多和田葉子さんの短編でした!思い出しました!

お礼日時:6/20 16:40